北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立
自分好み· 14日前

北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立

北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立 北京と瀋陽の故宮が合同で古時計の修復室を設立

16日、修復後の時計。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

中国北京市の故宮博物院と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物院が共同で設立した「古時計合同修復室」の除幕式が16日、瀋陽故宮で開かれ、修復が完成した時計5点が公開された。

瀋陽故宮博物院は文化財として価値のある時計40点以上を所蔵している。清朝宮廷のものが中心で、数は多くないものの出どころは多様。中でも出色なのは18世紀から20世紀初頭のイギリス、フランス、スイスで作られた西洋時計という。修復室は10月26日から正式に始動、故宮博物院の古時計修復専門家が3度訪れ、20日余りの間に瀋陽故宮館所蔵の時計を合同で研究・修復した。すでに5点がメンテナンスと修復作業を終えている。(記者/潘昱竜)

16日、修復された時計を紹介するスタッフ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復された時計を紹介するスタッフ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復後の時計。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復された時計を紹介するスタッフ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復後の時計。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復後の時計。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復された時計を紹介するスタッフ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復された時計を紹介するスタッフ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復後の時計。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

16日、修復された時計を紹介するスタッフ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)