飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し 河北省唐山市
自分好み· 12日前

飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し 河北省唐山市

飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し 河北省唐山市 飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し 河北省唐山市 飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し 河北省唐山市 飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し 河北省唐山市 飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し 河北省唐山市 飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し 河北省唐山市

14日、唐山市豊潤区李虎荘村で、コンバインを使って飼料用トウモロコシを収穫する農家。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。

区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。

14日、唐山市豊潤区李虎荘村で、コンバインを使って飼料用トウモロコシを収穫する農家。(唐山=新華社記者/楊世尭)

14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを点検する従業員。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを点検する従業員。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを積み上げる従業員。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、作業する従業員。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)