自分好み· 12日前

オリラジ藤森、新・金曜ドラマは「“ダメキュン”ドラマ」 そのネーミングに木村佳乃も絶賛

オリエンタルラジオ藤森慎吾が、17日放送の『王様のブランチ』(TBS系)で、新・金曜ドラマ『恋する母たち』(同系)にキャッチコピーを命名。主演の木村佳乃から絶賛される一幕があった。

23日からスタートする同作は、息子を名門私立高校に通わせる3人の母親たちのラブストーリー。夫が愛人と駆け落ちして以来、1人で息子を育ててきたシングルマザー・石渡杏(木村)をはじめ、家庭では肩身の狭いキャリアウーマン・林優子(吉田羊)、エリート弁護士のセレブ妻・蒲原まり(仲里依紗)といった3人の女性が、人には言えない危険な恋に溺れていく。

このダイジェストを見た木村は「すごい!編集してくださった方、ありがとうございます」と感謝。また事前に1話を見た佐藤栞里は「あっち行っちゃダメですよと思いながらキュンキュンしてしまう」と感想を述べた。

すると同じく初回を見た藤森が、「ダメなんだけどキュンしちゃうっていう」と告げ、「僕はこのドラマ、ダメキュンドラマって呼ぶ」と命名。これを聞いた木村は「いいですね、ダメキュンね!」と高評価。藤森も「広報の方、お使いください」と呼びかけていた。