【スパムおにぎらず】は簡単で美味しい!ピッタリな具材を紹介!
グルメ· 9日前

【スパムおにぎらず】は簡単で美味しい!ピッタリな具材を紹介!

【スパムおにぎらず】は簡単で美味しい!ピッタリな具材を紹介! 【スパムおにぎらず】は簡単で美味しい!ピッタリな具材を紹介! 【スパムおにぎらず】は簡単で美味しい!ピッタリな具材を紹介!

スパムを食べたことがないという人は、わりと多いのでないだろうか。まずは、スパムについて詳しく解説していこうと思う。その後、スパムおにぎらずの作り方について紹介していく。

スパムとは、豚肉を使ったランチョンミートの缶詰のことである。材料を見るとソーセージと同じで、腸詰めではなく型に詰めたものになる。別名ソーセージミートと呼ばれることもあるようだ。

調理済みで缶に入っているので、開けたらそのまま食べることができる手軽さから人気があり、さらに焼いても美味しく調理方法は多岐に渡るといわれている。

スーパーなどで売られているところを見たことがある人は分かると思うが、スパム1缶はけっこうな大きさである。開けて食べきれない場合は、冷凍保存をおすすめしたい。

スパムおにぎらずを作る際に必要な材料は、スパム、海苔、ごはん、好みの具材や調味料などである。しっかりと包みやすいように、海苔は大きめのものを用意しておくとよいだろう。

スパムはそのままでも問題ないが、焼くとさらに美味しくなるのでおすすめしたい。大きく広げた海苔の真ん中に、ごはん→スパム→好みの具材や調味料→ごはんの順番にのせる。海苔の上下と左右をふたをするようにしっかりと包み、海苔がなじむまでしばらく置いておく。

その後、断面がよく見えるように半分に切ったら完成となる。なるべく四角形になるように仕上げるとキレイな見栄えになるので、留意していきたい。

スパムおにぎらずに合う具材を、いろいろと紹介していく。自分の好きな具材を使って、ぜひオリジナルスパムおにぎらずを作ってもらいたい。

卵焼き器を使って厚焼き卵を作り、スパムおにぎらずに挟んだり、フライパンを使ってスクランブルエッグを作り、スパムおにぎらずに挟もう。

卵はビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素をバランスよく含んでいる、とても優秀な食材である。こんな栄養価満点の卵をスパムおにぎらずに挟むことで、大幅に栄養価がアップするのでおすすめしたい。卵好きにはたまらない一品となるであろう。

チーズにはさまざまな種類があるが、おにぎらずに挟むという観点から考えるとスライスチーズがおすすめといえるだろう。

チーズにはたんぱく質とカルシウムが豊富に含まれている。カルシウムには丈夫な骨と歯をつくってくれる働きがあるので、積極的に摂るようにしていきたい。

アボカドは5mm幅程度に切っておくとよいだろう。そしてアボカドは色が変わりやすい食材なので、切ってからレモン汁を回しかけて色止めをしておくとよい。卵と一緒にスパムおにぎらずに挟むとロコモコ風おにぎらずになり、食べごたえもあり美味しいのでおすすめしたい。

アボカドは森のバターと呼ばれていて、クリーミーな味わいが特徴である。まろやかな風味のおにぎらずが完成するだろう。

大葉を挟むことで、よいアクセントになる。大葉だけでは薄くてボリュームにかけるので、卵やチーズなどと一緒に挟むことをおすすめする。大葉には、清涼感とともに食欲増進効果が期待できる。

千切りキャベツを挟むことで、スパムとキャベツの相性のよさが垣間見られることであろう。シャキシャキ食感のキャベツが、スパムおにぎらずの美味しさを倍増させてくれる。キャベツには、ストレス軽減効果が強いビタミンCが豊富に含まれている。

スパムおにぎらずの大まかな栄養成分は以下のようになる。

カロリー 345kcal

たんぱく質 10.9g

脂質 13.5g

炭水化物 42.3g

糖質 40.6g

食物繊維 1.8g

食塩相当量 1.1g

スパムおにぎらずはカロリーと塩分は比較的高いことが分かる。おにぎらずということでごはんを使っているので、糖質の分はほぼごはんの量と考えるとスパム自体の糖質は低いということが分かる。

スパムおにぎらずの魅力と、プラスアルファ食材の幅の広さを伝えてきた。いろいろと試してもらい、ぜひ自分好みのスパムおにぎらずを見つけてもらいたい。見た目も華やかで食欲が増すので、弁当や持ち寄りメニューとしてもおすすめしたい。