検察機関「張紫妍醜行事件一審罪は誤りです」
芸能ニュース· 10ヶ月前

検察機関「張紫妍醜行事件一審罪は誤りです」

検察機関「張紫妍醜行事件一審罪は誤りです」

検察庁は15日、ソウル特別市中央地方裁判所の刑事抗訴2副審理の前直旗セルフモデル議案公判で、「第一裁判の判決を廃止し、同じ裁判刑のような有期懲役1年の判決を求めた」と述べ、検察側は「一審一審で銀信恩があった尹志呉氏の陳述は隠蔽だった

被告人は陳述を無視した

無罪を言い渡すのは誤りだ

逆に趙氏の弁護人は「尹志武の陳述は(時間が過ぎて)全部違っている」と述べ、「制作言語としか言いようがない」と述べた

弁護人は「話にならない尹志武の陳述のため、被告人は人生の中で大きなベルリンが発生しないように、よく観察してください」と述べた

趙氏は最後の陳述で、「本当に悔しいです

強制的な醜行は絶対ありません

何をしても皆さんにお伝えします」と呼びかけました

彼は続けて言いました

「過去10年間のことで、家族の恩静さんと大変な時間を過ごしました

極端な人生の角度は何度も試しました

趙氏は2008年8月5日、自然氏の所属会社代表理事会の海葬に出席したとして、2018年に起訴されました

法務釜山検察庁科挙委員会の議権高校の再調査により、10年ぶりに起訴されました

しかし、一審は当時の醜行の唯一の証人、尹志証人です

呉氏の陳述は信じられないと考えていますが、2009年の調査では何度も調査を受けたり、加害者を変えたりしています

1審は「さまざまな状況から見て、趙氏は自然先生に強い疑惑を抱いている」と述べ、「尹志武の陳述によって、趙氏の裁判に疑いなく参加することは難しい

分裂しそうです

裁判部は2月7日午後に開廷することになりました