「ULA会話」パク・光善は3年3ヶ月後に新曲を発表した。

「ULA会話」パク・光善は3年3ヶ月後に新曲を発表した。

「ULA会話」パク・光善は3年3ヶ月後に新曲を発表した。

「ULA SESION」出身のボーカル、パク・光善は3年3ヶ月後16日午後6曲の死体曲「AspTimeGoesBy」を歌う

パク・光善の新曲「AspTimeGoesBy」は、パク・光善が手がけた楽曲で、作曲家の劉斗英、作曲家の柳斗英、作曲家のNozy、作曲、作詞、作詞、作詞、作詞、作詞と作詞があり、全体の曲線をリードし、雰囲気を主導するアコースティックなサウンドも演奏している

MBC「覆面歌王」では緑色ワニを演じ、2017年12月にカバー曲「難病の治療」をリリースしましたが、完全シングルの新曲で、池昌旭とユンが主人公のドラマ「THE K 2」のオリジナルトラック(オリジナル・ソニック・トレーク)が「2016年10ヶ月後の3ヶ月間、時間が止まった

AstTimeGoesByは、ボーカル歌手の朴光善とPotlandから始まった徐太河(nau)医功洞デジタルイベントの一環として、音楽とミュージックビデオを公開する

所属会社によると、「AspTimeGoesBy」は音楽とMVを通じて自然と人間の意志属性の共存関係を表現し、より良い生活をテーマにした古刹、慰めを時間とし、道智に対して低俗な意思を表し、誠実な情報を示している

特にMVでは、済州島議長官と朴光善の雰囲気たっぷりのボーカル伴奏が融合し、聴衆の感性を刺激し、温かな慰めを感じさせた

一方、朴光善は多数のミュージカルを通じて視聴者から認められ、映画「量子物理学」ではRapper「Freectal」を演じ、歌手ではなく俳優の朴光善を通じて観客に会い、今はミュージカル「グラース」でKekyの役を演じています

<<[email protected]<<realtime娯楽スポーツ速報、スターニュース、無停電と栽培金>