「スター・ウォーカー:Liz Over Sky Waker」が10億円を突破し、韓国の42万人が海外の話題を動員しました。

「スター・ウォーカー:Liz Over Sky Waker」が10億円を突破し、韓国の42万人が海外の話題を動員しました。

「スター・ウォーカー:Liz Over Sky Waker」が10億円を突破し、韓国の42万人が海外の話題を動員しました。

15日(現地時間)の興収模造によると、「スター・ウォーカー」は北米で4億8130万ドルを稼ぎ、海外で5億1970万ドルを稼ぎ、10億100万ドルの収益を上げた

ディズニーは2019年にリリースした7本の映画(『復讐ゲーム』、『鋼鉄王2』、『機長Mable』、『Toy Story 4』、『スターウォーズ』、『スターウォーズ』の中に10億ドルのクラブを入れている

ソニーのピクサーの「スパイダーマン:Prom home」、Wannabrothesの「ピエロ」を合わせて、米国のスタジオは全部で9本の映画を10億ドルの高地に置いています

メインラインは「スター・ウォーカー」が北米から5億ドルを超えると予想しており、合計11億ドルで終了する見通しです

米国以外の米国の興行収入は以下の通りである

16日、永真委員会総合コンピューターネットワークによると、この映画は15日に8304人を動員し、興行収入5位となり、累計観客数は42万9861人となった

映画「スター・ウォーカー」は、暗い意志の支配者Kyillanと協力した「Lae」の運命敵視の結果、新しい伝説の最後のSFアクション大作である

【写真=ロトントマト】(郭明洞記者[email protected]