「Sugar Man 91.19」楊俊日「東洋人として孤立した」米学生時代の思い出強力レンズ

「Sugar Man 91.19」楊俊日「東洋人として孤立した」米学生時代の思い出強力レンズ

「Sugar Man 91.19」楊俊日「東洋人として孤立した」米学生時代の思い出強力レンズ

【OPEN=李昇勲記者】楊俊日さんは歌手になる前に、人生の紆余曲折をたくさん告白しました

16日(今日)放送のJTBC「特別アルバムSugar Man、楊俊日91.19」は、年末に大盛り上がりするsugarman、楊俊日の初ファンミーティングとこの2週間の物語を描いた特集番組です

90年代初めに韓国で活動した時も、多くの社会と敵視して断固として抗争していた楊俊日さんが、銀劉年の米国で盗掘曲の話をたくさん公開しました

両親と一緒に移民した10代のころを思い出し、「東洋人の理由で孤立した」「韓国にも多くのポスターがあります」と述べました

しかし米国では、より深刻なようだ」と幼少期に経験した困難を淡々と告白した

また、楊俊日は密かに音楽に親しむ理由に挑戦し、「姉と弟はずっと1位だった

でも勉強できなかった」とダンスの過度な音楽に興味を持つようになった

一方、楊俊日さんは歌手活動の後、苦しい時を過ごしています

楊俊日は「91.19」で「楊俊日は家族のように面倒を見てくれる人」という特別な愛情を紹介し、「楊俊日こそ私の人生の恩人です」と縁に興味を示した

今日(16日)は午後11時から放送されます

seung [email protected][写真]JTBC