大時計賞映画祭は2月25日に開催されます。ヨンホの「寄生虫」11部門です。

大時計賞映画祭は2月25日に開催されます。ヨンホの「寄生虫」11部門です。

大時計賞映画祭は2月25日に開催されます。ヨンホの「寄生虫」11部門です。 大時計賞映画祭は2月25日に開催されます。ヨンホの「寄生虫」11部門です。

秋の春に変更された鐘尚映画祭組織委員会(組織委員長金九会)で17日、最終的な諾密尼のリストが公開された

大宗公開の話題の予備審査には、韓国映像委員会の李長好毒氏を含む映画評論家9人、教授、監督らが参加した

最優秀作品賞は、米アカデミー賞の授賞式6部門の「寄生虫」を含む「極限職業」、「ハチドリ」、「証人」、「天文」を含む5作品が選ばれた

監督賞では、金宝拉さん、「寄生虫」義鳳俊浩さん、「極限職業」のイ・ビョンホンさん、「サバハ」の議長は、DB「Black Money」の议政智英さんの後に玉座に就いた

また、南宇宙連想候補の薛景求、「寄生虫」の宋康昊、「白頭山」の李秉憲、「証人」の義静優、「天文:天空」の韓石圭が「ヒロイン賞」の金香琪、「允熙」の道妍、「82年生金智英」の義貞、金智英「『Miss Back』の韓智敏はその後、記事に選ばれた

続いて、俳優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人俳優賞、新人監督賞、撮影賞、編集賞、音楽賞、衣装賞、美術賞、技術賞、企画賞など18作品の候補作品が公開されました

特に、米アカデミー賞6部門の候補者である「寄生虫」は、大宗公開の話題でも11部門に上っており、潜在力を見せている

このため、2月25日に開催される第56回大時計の公開は、一昨年9月1日から昨年12月までの1年4ヶ月間が話題となり、来年からは毎年1月1日から12月末までが対象となります

また、第56回大鐘の上映は2月25日に慶煕大学平和殿堂で行われる予定です

張智敏韓庚ゲスト記者[email protected]