JKキム・ドンウクが、自ら説明した近況「声帯が集まってほぼ消滅…あと30年」を選択します
芸能ニュース· 9ヶ月前

JKキム・ドンウクが、自ら説明した近況「声帯が集まってほぼ消滅…あと30年」を選択します

JKキム・ドンウクが、自ら説明した近況「声帯が集まってほぼ消滅…あと30年」を選択します

[OPEN=延輝善記者]歌手JKキム・ドンウクは健康と近況を語り、歌に対する情熱を見せた

JKのキム・ドンウクさんは最近、海士町と健康状態の近況を個人SNSでアップしました

彼は「昨年12月に現れた声帯ポリーは幸いにも消滅しました

先生から良い知らせをわざと伝えました

」さらに「20年以上も楽器をきちんと管理していませんでしたが、この赤信号はまた私のきっかけを振り返ることができます」と訴えた

最も重要なのは、「あと30年頑張って、続けていきましょう」と付け加え、長く歌手として活動したいという願望を表しています

JKキム・ドンウクは2002年に第1弾「Lifsentence」をリリースしてデビューしました

これまでは独特のアピール力と深い低音で愛されてきました

//[email protected]