クォン・サンウ「お笑いの演技が面白いです。アクション演技を続けてください」
芸能ニュース· 9ヶ月前

クォン・サンウ「お笑いの演技が面白いです。アクション演技を続けてください」

クォン・サンウ「お笑いの演技が面白いです。アクション演技を続けてください」 クォン・サンウ「お笑いの演技が面白いです。アクション演技を続けてください」

俳優のクォン・サンウ(45)が映画「神の韓秀篇」(李建明監督、2019)以来2ヶ月ぶりにスクリーンに復帰し、2018年から昨年まで制作された映画が公開され、「烈日のiKON」を思い起こした

クォン・サンウの新作映画は、コメディーアクション「Hit Man」(チェ・ジソブ監督、提供された楽天で、Vary Good Studio)を制作し、主席の歌唱力を励まし、ファンの意欲を満足させる

ネット漫画作家になるために国情院を脱出するという伝説の暗殺要人、俊要が描く第一級機密を描き、国情院とテロリストのダブルクリックを描いた物語で、クォン・サンウが前国政元俊を演じる

クォン・サンウはソウル特別市三清洞の喫茶店で行ったインタビューで、「どんな結果になるかは分かりませんが、真剣に撮影していたので、残念や執着はありませんでした」と話した

そして「初めて台本を読みましたが、この作品を必ず作ってください」と言って面白かったです

「思っていませんでした

何も感じませんでした」「でも他のことをするときは、ずっとこの台本を思い出しました

振り返って思い出した本です

その後、鄭俊浩先輩に聞いた時も私と同じです

」「Hit Man」の脚本については「魅力的です」と話し、「今は撮影現場で私より年上の人と別れることはありませんが、鄭俊浩先輩の二重心が意志になりました」と話した

あなたの理解が私を頼りにしているので、鄭俊浩さんに感謝の気持ちを伝えました