クォン・サンウは久しぶりに4 Bの鉛筆を削りました。昔のインタビューを思い出しました。
芸能ニュース· 9ヶ月前

クォン・サンウは久しぶりに4 Bの鉛筆を削りました。昔のインタビューを思い出しました。

クォン・サンウは久しぶりに4 Bの鉛筆を削りました。昔のインタビューを思い出しました。 クォン・サンウは久しぶりに4 Bの鉛筆を削りました。昔のインタビューを思い出しました。

俳優のクォン・サンウ(45)が公開中の映画「Hit Man」(チェ・ウォソブ監督)が演じる俊也は、ネット漫画作家になるために国情院を脱走するACE暗殺要員

デビュー後に「ロマンチックコメディー」の修飾語を獲得した彼はタイムリーで、現在は40大衆クラスの司会者だが、青春アクションスターの顔を見せている

クォン・サンウはソウル特別市三清洞の喫茶店で行われたインタビューで、「お笑いの演技は確かに面白いです

視聴者(笑)との接点を探すことが重要ですが、私が思ったところではなく、他の部分で視聴者の隣にいる時、なぜ分かりませんでしたか?「このような考え」があります

そして私は「アクションは継続したいタイプです

私をうまく表現できる方法だと思います

だから(健康、体を維持しなければならない」「今朝も運動をしました

年初~年初も休みの日があります

毎日やっています

(いつ会えるか分からない別の作品のために、準備をしておきます

」「映画の中ではとてもスタイルが良くないです」と言いました

「俊ちゃんが妻を探しに行く時、彼女に体を見せるシーンを入れたいです

「おじさん」は議員ビンのように髪を切っている場面です

(笑)」「でも撮影中に監督にもう一度言ってみました

15年前は要員でした

体がよかったです

」コートを脱ぐようになりました

続いて「漫画作家ですが、専門的な絵がありますか?」と聞いたら、「相談のあるネット漫画作家は、自分で描いた絵がない」「4 Bの鉛筆を久しぶりに削りましたので、昔のことを思い出しました

アトリエに行った過去は、私の服の部屋に何冊かの画集がありました

」また、ファンの方が作ってくれたグラフィックセットもあります

今やっていること(演技活動)がより重要なので、心の余裕がありません

(インタビュー③引き続き)/[email protected]