自分好み· 1ヶ月前

死んだことになっていた男性、5年後に「年金手続き」にやってくる―中国

2020年9月16日、中国メディアの中国青年網によると、15年前に失踪し裁判所から死亡宣告を受けた男性が生きていたことが判明した。

当事者の男性・姚(ヤオ)さんは2005年3月、上海市の自宅を出たまま行方が分からなくなった。手がかりもないまま9年が経過した14年2月、娘が母の死をきっかけに同市宝山法院に父である姚さんの死亡宣告を申請。同法院は1年間の公告期間を経て、15年3月に死亡宣告の条件を満たしているとして姚さんの死亡を宣告する判決を下した。

ところが2019年、「生きていれば60歳」の姚さんが突然同市内に姿を見せた。定年退職に伴う年金受給手続きの申請が目的だったが、すでに死亡宣告を受けており、戸籍からも消されていたため手続きができなかった。そこで初めて自身が「死んだ」ことになっていると知った姚さんは、今年7月に同法院を訪れて死亡宣告の撤回を求める申請を行った。

同裁判所はこれを受理して調査を開始し、姚さんの財産に手が付けられていないこと、死亡宣告撤回の条件を満たしていることから、先日宣告を撤回する判決を下した。

姚さんによれば、05年当時に妻とケンカになり、怒りのあまり家を飛び出したという。その後、安徽省の工場で働いていたが、一度も上海の家には戻らなかったとのことである。(翻訳・編集/川尻)