インコとオウムに魅せらたパレスチナ人青年
自分好み· 1ヶ月前

インコとオウムに魅せらたパレスチナ人青年

インコとオウムに魅せらたパレスチナ人青年 インコとオウムに魅せらたパレスチナ人青年 インコとオウムに魅せらたパレスチナ人青年 インコとオウムに魅せらたパレスチナ人青年

2日、ヨルダン川西岸地区南部の都市ヘブロン近郊のイドナ村にある自宅で、飼っている鳥にキスをするナシャト・トメイジさん。(ラマッラー=新華社配信/Mamoun Wazwaz)

パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区南部の都市ヘブロン近郊のイドナ村に住むナシャト・トメイジさん(32)は、自宅で多くの色鮮やかなインコやオウムを飼っている。

2日、ヨルダン川西岸地区ヘブロン近郊のイドナ村にある自宅で、飼っている鳥たちを紹介する飼育家のナシャト・トメイジさん。(ラマッラー=新華社配信/Mamoun Wazwaz)

トメイジさんは、さまざまな種類のものを手に入れて世話をし、インコやオウムの飼育で利益を得ようと力を入れてきた。現在、コンゴウインコやヨウム、オウム、セキセイインコなど40種類ほどの鳥を飼っており、その数は80~100羽に上る。

2日、ヨルダン川西岸地区南部の都市ヘブロン近郊のイドナ村にある自宅で、飼っている鳥たちを紹介するナシャト・トメイジさん。(ラマッラー=新華社配信/Mamoun Wazwaz)

トメイジさんは、ヨルダン川西岸地区では珍しいインコやオウムをイスラエルの業者から高値で購入しているという。

2日、ヨルダン川西岸地区ヘブロン近郊のイドナ村にある自宅で、飼っている鳥たちを紹介するナシャト・トメイジさん。(ラマッラー=新華社配信/Mamoun Wazwaz)

家族からの支持とサポートを受けているトメイジさんは、いつか土地を購入して西岸地区の人々が訪れる鳥たちの「楽園」を作りたいと語った。