自分好み· 1ヶ月前

YouTuberヒカルがラファエルと決別!

人気YouTuberのヒカルが「ヤラセとの決別」のため、旧知の仲のラファエルと対談した。ヒカルは「(ヤラセをやめるにあたって)真っ先にじゃあ切らないといけないもの、なんなのかなって考えたら、まあラファさん」と思い至ったそうだ。

ヒカルは『毎日嘘の閉店セールしてる店の闇暴いたら逆ギレしてきてブチギレ口論になった…』という動画がヤラセだったと認め、炎上。この動画は閉店セールを謳って連日セールを行っている店に突撃し、店の商品を全て購入すれば閉店してくれるのかという検証動画だったが、動画に不審な点がいくつもあったとして、コメント欄で「やらせなのではないか」と疑われていた。

その後、ヒカルはヤラセだったことを認めたうえで「これも1つのエンターティメントかと思って」出したと弁明。今後もヤラセは行っていく、というスタンスを明示したことが炎上騒ぎに油を注いだ。

ヒカルは数々の視聴者のコメントを読んで考えを改めたといい、「(今後)リアルが大切な動画でヤラセはなしにする」と宣言。こうした経緯を経て、ヒカルは「ヤラセの権化」というイメージのラファエルと決別する動画を撮ることにした、というわけだ。

ヒカルは、今後は“闇を暴く系”などリアリティを求められる企画でのヤラセはやめると、あらためて断言。「僕の今のステージから考えたら(ヤラセ動画を撮って自分をダークヒーローのように見せるのは)違うんじゃないかな」と、その理由を明かした。

「ラファさんのヤラセはエンターティメント」だが、自身のヤラセは「笑えないヤラセ」だったと理解したというヒカル。ラファエルのヤラセ動画は誰も傷つけないが、一方、ヒカルの動画はリアルを追い求める視聴者をがっかりさせてしまうからダメだ、と話した。

閉店セールの闇を暴く動画についても弁明。これはかなり以前から企画として上がっており、最初は『閉店セールの商品を売り切れにしたら、閉店セールって本当に閉まるのか』という検証動画にするつもりだったそうだ。しかし、再生数を考えたときに「闇を暴く」シリーズにつなげたほうが再生数を取れるだろうという“YouTuber的思考”に陥ってしまったという。

ヒカルの代表作『祭りくじの闇を暴く動画』のときには、抱えているものも・失うものもなく、何も考えずに“闇”にツッコんで行けたが、今は自身の影響力を考えると本当の闇にツッコむのは躊躇がある。結果として、「安全に闇をつくりだしてしまった」とヒカルは反省を述べた。

ラファエルは「(ヤラセでもいいから)ヒカルさんがやりたいことを(動画で)見せてほしい」と言うが、ヒカルの気持ちは変わらず、これからはリアリティを追い求めていくという。

一方のラファエルも、昨年1月にメインチャンネルをBAN(アカウント停止処分)されたことをきっかけに「過激な動画は一切やめ、クリーンで夕飯どきに家族の方が揃って見れるようなチャンネルを目指します」と動画の作り方を改めている。これ以降のタイトルやサムネイルには、「ドッキリ」の表示を入れることが多くなった。

とはいえ、ラファエルは「まあ僕はヤラセやりますけどね、今後も」と明言している。リアリティを追い求めるヒカルと、エンターティメントを提供するラファエルとで差別化ができるだろうと2人は話した。今後の2人のコラボは、“誰も傷つけない平和な動画”を撮っていく予定だそうだ。ラファエルの動画でなら「ヤラセもあり」と、ヒカルはにやりと笑った。

最終更新:2020/09/19 05:30