江西省の建設現場で約9000万年前の恐竜の卵の化石発見―中国
自分好み· 1ヶ月前

江西省の建設現場で約9000万年前の恐竜の卵の化石発見―中国

江西省の建設現場で約9000万年前の恐竜の卵の化石発見―中国

江西省萍郷市上栗工業団地の建設現場で15日、作業員が掘削機で道路工事をした際に、恐竜の卵の化石を10点以上掘り出した。中国新聞網が伝えた。

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の王強(ワン・チアン)博士は17日、「初期段階の鑑定によると、これらは今から約9000万年前の白亜紀後期における早期恐竜の卵の化石だ」と述べた。

公開された資料によると、江西省萍郷市は中国華南地域の非常に重要な恐竜の卵の化石産地の一つだ。2002年から2014年にかけて、萍郷地区の白亜紀のレッドベッド地層から、200点近くの恐竜の卵が見つかっている。

王氏は、「今回の発見は江西省萍郷市、さらには江西地域全体の白亜紀後期の古代地理や古代環境への一層の理解にとって重要な意義がある。保存状態が比較的良好な巣は、恐竜の産卵に関する一部の習性を反映する。これは恐竜の卵の地層における分布状況に、貴重な一次資料と詳細な古生物学的証拠を提供する」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)