『Voice Root』洪京民・金多賢→文熙京が決勝進出を決めたのは10人…最高更新
芸能ニュース· 1ヶ月前

『Voice Root』洪京民・金多賢→文熙京が決勝進出を決めたのは10人…最高更新

『Voice Root』洪京民・金多賢→文熙京が決勝進出を決めたのは10人…最高更新

19日、視聴率調査機関のニコン韓国の統計によると、18日放送のMBN超大型200億プロジェクト「Voice Root」で、銀有料放送家庭を基準に、視聴率は12.686%(第1部)、13.897%(第2部)となり、全チャンネルが同時間帯で1位を獲得したことがわかった

また、これは「Voice Root」の椅子体の最高視聴率であり、MBN史上最高の視聴率でもあります

スターオーディションという斬新な企画力と、これらを通して見られる芸能人たちの誠実な挑戦が「Voice Root」症候群を作り出しました

この日の番組では、準決勝の任務が開かれました

決勝に向かう最後の関門なので、いつよりも全力を尽くして試合に参加します

息が詰まるような対決を経て、最終的に決勝に進出した10人も公開されました

任務と個人任務の点数を加えて、10人を選びました

結果は逆転そのものです

結果は逆転そのものです

科の参加者や審査員たちが生存者の加工をするたびに感嘆しました

準決勝の前身1位は総得点2790点の「ポッキー・マーク」洪京民

「リプル・PSY」の黄min宇とともにデュエット1位を獲得した洪京民さんは、ソロでも24年の歌手のポテンシャルと圧倒的な点数で全体の1位を獲得しました

洪京民さんは「私にとってはひどい点数です

どうすればいいか分かりません」と驚きました

運が悪くて、黙れませんでした

第二位は「Voice Root」を通じて「Rap Trot」の新ジャンルが誕生したSleepで、この日はSleepの個人舞台で、昭明の「愉快爽快爽快爽快」は特有の議政的なリズムと爽やかな歌唱力で消化され、朴玄彬の伝奇的な称賛を受けた

第3位は「Voice Root」症候群の「青鶴洞天才」の金多賢さん

金多賢さんは、個人的な任務の中で正義の歌「親愛なる」を天上の声で歌いました

陳さんは「最高の喜びを感じる曲です」と語り、南鎮伝説は「想像できない素晴らしい歌い方

」まったくの天才だ

第4位は「生存の強者」の趙文根さん

趙文根さんは金国煥さんの「Tata」を戦慄のShotingと呼び、すべての人を凍らせました

南鎮の伝奇は「『ta』はとても有名な良い曲ですが、この歌を歌う人は多くないです

この歌は簡単には歌えません

」と話しています

送りました

第5位はミンヌで、毎週リアルタイムの検索ワードで熱い風を巻き起こしているミンヌは「両親のために、この舞台はとても切迫しています」と、華麗な負債パフォーマンスで英卓の「なぜそこから出てきたのですか?」6位は「Trot王子」パク・シクと「不死鳥」の秋大葉が共に上昇

25年の無名俳優から強大なTrotスターとなったパク・シクは、ロ勲児の「大同江信」を切々とした声で消化し、わずかなことですべての人を泣かせました

二回のWild Cardを通して準決勝に進出した秋大葉は、太珍の「玉経」を抜群のリズム感と母への思いで完成させました

陳城伝説は「Voice Root」は理髪犬の人材です

8位は「Trot完売男」の朴尚宇さんで、9位は「折身神功」の朴光賢さん、10位は「歌謡退役賞出身」の文豪京さんです

特に朴光賢さんと文熙京さんは決勝戦が決定した後、涙を流して感動しました

残念なことに、淘汰されてしばらくの間に、彼らの心を感じることができました

金昌烈銀神と二重舞台のパートナー、金賢敏の夢と挑戦をするために、一気に涙を流して、場内を粛然とさせました

これに対し、金賢敏も涙で答え、現場を涙の海に変えました

洪京民、Sleepy、金多賢、趙文根、黄min宇、朴世旭、秋大葉、朴尚宇、朴光賢、文熙京などの最終生存者10人が確定しました

今は王冠を獲得した決勝舞台を選ぶだけです

番組の最後に公開された予告編の中で、公開の任務だけではなく、公開の任務だけがあります

有名人との掛け合いの舞台も捉えられているので、楽しみです

トップスター80人から最終10人までの最強生存者たちが、勝利の舞台にどのような姿を見せるのか、熾烈な競争の後、「Voice Root」の優勝は誰が獲得するのか注目されます

「Voice Root」決勝戦は25日午後9時50分から公開されます

sunwoo [email protected]写真|MBN</font>