李周花と郭根雅のブランド2人が「20世紀作家」として19日からスター城の舞台に登場した。
芸能ニュース· 1ヶ月前

李周花と郭根雅のブランド2人が「20世紀作家」として19日からスター城の舞台に登場した。

李周花と郭根雅のブランド2人が「20世紀作家」として19日からスター城の舞台に登場した。 李周花と郭根雅のブランド2人が「20世紀作家」として19日からスター城の舞台に登場した。

演劇「20世紀作家」は19日から30日まで大学路スター城の舞台に登場します

「20世紀作家」では、KBSが俳優14期の郭根雅と15期の硬貨を公募して合奏したが、「コロナ19」で全体の出演界は困難だったが、二人の俳優は意気投合して釈品を知る演技を披露した

「コロナで19日以降は公演できないかもしれないと思い、毎日いらいらしながら一日を過ごしました

練習もネットの肥大面です

私たち自身も気をつけています

これだけは守っていきます

」そして「今日も舞台を愛し、練習や演出に励んでいる俳優さんたちを応援します

一人のゲストでも舞台で最善を尽くします

これからも信頼できる演劇でお会いしたいと思います

多くの垣根劇団を応援してください」と語った

車賢碩監督は「2015年から20世紀の作家が毎年上演しています

演劇『白黒喫茶』と一緒に一番好きな作品です

20世紀の作家は変わった男、女、男、女など多様な作品で出演できます

今回は李柱花です

郭根雅は俳優と共に新バージョンとなり、より高い完成度を強調した