宋夏芸「事は必ず改まる?」朴経は“狙撃”ではありません。令夫人
芸能ニュース· 1ヶ月前

宋夏芸「事は必ず改まる?」朴経は“狙撃”ではありません。令夫人

宋夏芸「事は必ず改まる?」朴経は“狙撃”ではありません。令夫人 宋夏芸「事は必ず改まる?」朴経は“狙撃”ではありません。令夫人

Instagramにアップロードされた「ことは必ず元に戻す」という言葉について、宋夏芸の所属会社側は「一週間前に残したこの文章は宋夏芸の当時の気持ちだけで、朴経を狙撃したことはない」と話しています

また、翌日には音源会社の再起の名誉毀損として起訴された朴経被告は、裁判所で500万ウォンの罰金を科すよう命じられました

昨年11月のツイッターで「Babeのように、宋夏芸のように、全尚根のように、黄仁旭のように買いだめしたい」と書いていた

実名を挙げた歌手たちは、買い占め疑惑を否定し、法的訴訟や調査の手順で明らかにすることで一致した

その後調査を担当したソウル特別市城東警察局は、情報通信網法上の虚偽の事実が適時だった名誉毀損の疑いで、不拘置起訴の意見を検察に渡したが、朴経は裁判に移管された

世界日報