【インタビュー】李健珠「『Voice Root』に出演したら『Trot順石』といいます」
芸能ニュース· 1ヶ月前

【インタビュー】李健珠「『Voice Root』に出演したら『Trot順石』といいます」

【インタビュー】李健珠「『Voice Root』に出演したら『Trot順石』といいます」 【インタビュー】李健珠「『Voice Root』に出演したら『Trot順石』といいます」

俳優の李健珠(40)が「Voice Root」に出演して「Trot順石」という愛称を生み出し、今はどこに行っても「歌が上手い」という噂を耳にするのが日常生活になっています

「一つ屋根の三族」の可愛らしい「順石」がいつの間にか40歳になり、舞台に立っています

ふっくらとした顔と丸い顔は同じですが、視聴率13%を記録したMBN Trot競演番組「Voice Root」の彼のTrotの実力には驚かされます

最初の舞台から審査員に高く評価され、第4ラウンドに進出した李健珠は、準決勝の敷居の上で残念な思いに苦しみました

いつもの色

毎日の経済スターTodayの儀儀儀化インタビューで、李健珠さんは「残念ながら快適で、二つの心が共存している」と話しています

準決勝に進出して失敗したことについて、「第4ラウンドまでは驚きました

自分によくやったと言いたいです

」「初めておばさん80人の陣容を見ました

冗談ではありませんでした

その時は『1回目を通してほしい』と言って、1回目は第二回の試合を通じて、人間の欲望はますます高まっています

しかし、この程度なら、成果を見せて、自分を慰めてくれます

落選しても、ある瞬間から後悔することはありません

勝負より歌に集中したいです

貴重な時間です」李健珠さんは「仕事で疲れた時に縁がある番組です

番組もあまりないので、違った顔を見せる機会になりました」と話し、「普段は歌が好きで、歌が好きです

でも、知り合いがたくさん増えたと言っています

前に歌ったものを見て、いろいろなところがありました

」多くの人が私を知っていますが、「Trot順石」と呼ばれる人もいます

ただ感謝しています

一番印象的な舞台として、李健珠は第一試合の陳城の「安東駅」を選んだ

当時審査員の陳城さんから高く評価された李健珠さんは「Trotを歌いたいですが、多くの人が『彼は芝居をしている時はだめだから、Trotを歌います』と言っています

ここでは伝奇に対してとても良い評価があります

物語を聞いて、悲しい一日が過ぎました

李健珠さんはその舞台を思い出しました

心の痛みとしこりが一瞬で解けました

「Voice Root」で披露された歌唱力は、普通のTrot歌手に劣らない

大切なのは、人生の喜怒哀楽を含めて、歌の味や魅力をカッコよく表現しているようだ

波瀾万丈の韓人生を溶かし込んで死に至るようだ

このような質問に対し、李健珠さんは「何度も聞いて歌ったことがありますが、何度も助けてくれたようです

俳優として、俳優としての長所も誇りになりました

」李健珠さんは「『Voice Root』に出演してから、多くの人が私を認めてくれました」と話し、「川賢坤、徐石鎮、朴熙珍、白鳳基、気宇民などが素晴らしい人を獲得しました

これは大きな収穫です」と待機室で培った人脈を挙げた

Trot歌手として新曲も発表する予定です

「ちょうど多くの作曲家から連絡がありました

Trotの曲を準備したいです

個人的にはSemmiダンスTrotや伝統Trotが好きです

挑戦してみたいです

作品を提案するところがあります

芝居で歌っている二匹のウサギを捕まえたいです」[email protected]写真MBNmk.co.kr武断戦財及び栽培禁止地)