最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由
クルマ· 1ヶ月前

最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由

最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由 最高の高級感と快感の走行性能。ポルシェ 911(991型)がオススメな4つの理由

ポルシェ 911(991型)は、2011年にフルモデルチェンジされ、7代目となったポルシェ伝統のスポーツカーです。先代 911(997型)からエンジンの排気量が3.5Lと、ダウンサイジングされるもパフォーマンスをアップ。アルミニウムやマグネシウムなどを使い、軽量化されたことで運動性能が向上しています。また、デザインは洗練され、スタイリッシュになったことが特徴。多彩なボディバリエーション、スパルタンなスポーツグレードの展開など、幅広いラインナップを展開するRRのスポーツカーです。

出典:https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?pool=japan&id=2015-06-24&lang=jp

ポルシェ 991型911は、2011年に登場した7代目で、リアエンジン・リアドライブを基本とするポルシェのスポーツカー。

ベースグレードとなる「カレラ」、スポーティーな「カレラS」、広いガラスエリアを持つオープンカーの「タルガ」、ソフトトップオープンカーの「カブリオレ」、ツインターボエンジンを搭載した「ターボ」、スポーツグレードの「GT2」シリーズや「GT3」シリーズなど、さまざまなバリエーションを展開しています。

また、四輪駆動モデルには「4」が冠されていることも、911の特徴で、さらに911シリーズ50周年モデルも登場した、記念すべき世代が7代目 911(991型)です。

出典:https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?id=2011-08-23&pool=japan

ポルシェ 911(991型)のエクステリアは、911らしい猫背型の伝統的なフォルムを継承しながら洗練されています。

フロントまわりは、バンパー一体型のポジションランプ兼ウインカー、薄くシャープなリアコンビランプが特徴で、張り出した前後のフェンダーや、曲面で仕上げられたボディパネル、丸みを帯びた角のない造形は、一目で911だとわかる要素が残されています。

911伝統のスタイルを受け継ぎながら、アルミニウムとスチールを組み合わせたボディ構造を採用し、ボディの軽量化を実現。

先代(997型)と比較をして最大45kg軽量化され、見た目はスポーティーでシャープな印象です。

高い剛性を確保しながら軽量化を達成したボディにより、走りの基本性能が向上されました。

また、ホイールベースが先代(997型)よりも100mm延長されたことで、居住性や乗り心地が一段とアップしているのも991型のトピックです。

7代目 911(991型)のインテリアは、センターコンソールからインパネにかけて大きなT字を描くスタイルに変更されています。

傾斜がついているセンターコンソールにより、シフトレバーの操作がしやすく、エアコン、ナビなどを含めたスイッチ類や操作関係をセンターに集中。

スッキリとした見た目と機能性・操作性が向上されました。

また、フラットで水平基調のインパネ形状に合わせたエアコンの吹き出し口となり、インテリア全体がまとまっているため、上質感ある雰囲気で、グランツーリスモの分野にも進出したモデルともいえるでしょう。

出典:https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?id=372773&pool=japan&lang=jp

ポルシェ911は、さまざまなボディバリエーションを備えていることでも知られています。

基準となるクーペだけでも、ベーシックな「カレラ」、スポーティーな「カレラS」、四輪駆動の「カレラ4」、「カレラ4S」、ツインターボエンジンを搭載した「ターボ」、ツインターボの出力を高めた「ターボS」を設定。

さらに、オープンモデルでは、ハードトップオープンの「タルガ4」、ソフトトップオープンの「カブリオレ」と2種類が展開されました。

また、「ターボ」と「タルガ4」モデルは、全車四輪駆動。

「カブリオレ」は、「カレラ」、「カレラS」、「カレラ4」、「カレラ4S」、「ターボ」、「ターボS」に設定されています。

エンジンは、「カレラ」、「カレラ4」、「タルガ4」に3.5L 水平対向6気筒自然吸気を搭載。

「カレラS」、「カレラ4S」、「タルガ4S」には3.8L 水平対向6気筒自然吸気、「ターボ」には3.8L 水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載しています。

出典:https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?pool=japan&id=2015-03-03&lang=jp

ポルシェ 911(991型)にも、911シリーズ伝統の「GT」シリーズが存在します。

「911 GT3」には、2.8L 水平対向6気筒自然吸気エンジンが搭載され、最高出力475馬力/最大トルク44.8kgmを発揮します。

「911 GT3 RS」では、排気量をアップさせた4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力500馬力/最大トルク46.9kgmを発生。

さらに、「GT2 RS」は、3.8L 水平対向6気筒ツインターボエンジンが搭載され、最高出力700馬力を発揮する最もパワフルな911に仕上がっています。

2,540万円

680万円~4,400万円

(2020年8月時点)

自動車税:57,000円

自動車重量税:24,600円

自賠責保険料:21,550円

燃料費:140,000円

合計=243,150円

※2020年8月時点

※燃料費は、年間1万km走行、燃費10.0km/L、単価140円/Lで算出

※排気量3500ccでの算出

サイズ:全長×全幅×全高=4,491mm×1,808mm×1,303mm

エンジン:水平対向6気筒 3.5L(自然吸気)、3.8L(自然吸気/ツインターボ)、4.0L(自然吸気)

車両重量:1350kg

燃料消費率:7.2km/L~12.8km/L

※スペックはカレラの数値

出典:https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?pool=japan&id=2017-07-04&lang=jp

ポルシェの代名詞ともいえるスポーツカー911は、7世代目(991型)で、熟成され洗練されたデザインに進化しました。

シャープでスポーティーなエクステリアや、スイッチ類が整列し高級感あるインテリアを備えていることなどからも、911というクルマを新たなステージに引き上げたといっても過言ではありません。

豊富なバリエーションを展開していることから、自分の好みに合った911を見つけることができるのも魅力です。