スポーツ· 1ヶ月前

ゴルフ=全米オープン、松山は7位に浮上 今平は33位

[18日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は18日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で第2ラウンドを行い、33位から出た松山英樹は3バーディー、2ボギーの69で回り、通算イーブンパーの140で7位タイに浮上した。

今平周吾は74とスコアを崩し、通算5オーバーで前日と同じ33位タイ。石川遼は通算6オーバーの49位タイで、アマチュアの金谷拓実は予選落ちした。

パトリック・リードが通算4アンダーで単独首位。ブライソン・デシャンボー(ともに米国)が1打差の2位につけている。

タイガー・ウッズ(米国)は2バーディー、5ボギー、2ダブルボギーの77と大崩れし、予選落ちとなった。