自分好み· 1ヶ月前

『アメトーク』“東京って難しい芸人”天竺鼠に視聴者から賛否の声「不愉快」「コンビ愛が素敵」

9月17日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、「東京って難しい芸人」が放送された。活動の場を大阪から東京に移した芸人たちが集合し、東京での悩みを吐露したりなどしていた。

そんな中、出演者の中でももっとも注目を集めたのが、お笑いコンビ・天竺鼠の川原克己。冒頭、それぞれのコンビがMCの雨上がり決死隊・蛍原徹から紹介され、自分たちで上京から何年経ったかなど軽い自己紹介とボケを披露していたが、川原は話を振られた瞬間、「え?」と反応。蛍原が「『え?』じゃない」とツッコむと、「ヘンな奴が絡んできたで!」と言い、MC横のかまいたち・濱家隆一が蛍原を「あいつのペースに乗ったらダメですよ」と諫める場面も。

それを聞き、蛍原があらためて「芸歴何年くらい?」と聞いても、川原は「それはもうお任せします」と勝手な回答をしていましたが、その間も川原は始終ポケットに手をいれたまま。視聴者からは、「態度悪すぎる……」「見てて不快」「ボケがズレすぎてて見てて不愉快になった」といった声が集まっていた。

「一方、天竺鼠ファンが注目していたのは、この日明らかになったコンビ愛。川原はアート芸人として個展を行ったりなど注目を集めていますが、相方の瀬下豊は仕事がないといい、現在は子どもの少年野球のコーチをしたりなどしているとのこと。また、せっかくコンビでの仕事があっても、川原のキレ芸のせいでトークショーから外されることもあるということが明らかになりました。

その現状を知り、蛍原は『コンビなんやから。瀬下はどうしたいの?』と聞くと、瀬下は『僕は本当に昼の番組とか朝とか出てやりたいんですよ。体張るロケとか行って海外とか行ってめちゃくちゃやりたいんですけど』と言い、かまいたち・山内健司も『瀬下は本当に体張る系のロケやらしたら』と絶賛しつつも、『川原の事が……よぎるんでしょうね』と番組スタッフが川原を敬遠するため、呼ばれないのではと分析。

これに出演者からは『もう悪魔やん!』といったツッコミが上がり、別で仕事をするよう勧める声もありましたが、川原は、『やっぱ漫才もコントも好きなんすよ』『めっちゃ好きなんですよ』とポツリ。出演者からは大爆笑が起こっていました」(芸能ライター)

この川原の言葉に天竺鼠ファンからは、「天竺鼠最高だな!」「コンビ愛にほっこりした~」「実はコンビ愛強い芸人として売れて欲しい!」といった声が。キレ芸とのギャップが好感を呼んだようだった。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

最終更新:2020/09/19 10:00