「Sudol」のウィルベン・フォックスさんが、お年寄りのために用意したケーキ遠征隊「1人1配送」です。
芸能ニュース· 1ヶ月前

「Sudol」のウィルベン・フォックスさんが、お年寄りのために用意したケーキ遠征隊「1人1配送」です。

「Sudol」のウィルベン・フォックスさんが、お年寄りのために用意したケーキ遠征隊「1人1配送」です。

20日放送のKBS 2 TV「スーパーマン帰りました」(以下、「スーパーマン帰りました」)の348話は、「子育ては上り坂」と題して視聴者に会いました

その中で、ヴィルベン・フォックス兄弟は益山の村で都市とは違った一日を過ごしました

特に、和村の老人たちに特別な思い出を作った子供たちの物語は、視聴者を癒してくれます

将来がある

この日、ヴェルヴィン・フォックスは益山頭洞の白馬を見つけました

ここで子供たちはSamのお父さんと一緒に農作業を手伝い、自然図鑑などを鑑賞して、楽しい時間を過ごしたと言われています

海明頓一家は目上の人たちのためにクレープケーキを作ってくれました

チョコレートの生地一つで、一枚焼いて作った神聖ケーキもウィルベン・フォックスの香りを狙撃したという

子供たちはそれぞれの配達を担当することにしました

まず犬が好きなBentleyは犬の住む家を選びました

この前何回かの経験から、足に自信があるBentleyとウィリアムに別れて、勇敢に家を見つけました

子犬の声に焦点を当てて家の中のBentleyを探しましたが、家に着いても入れないので、ずっと迷っていました

入るためにBentleyは丁寧に名前を通しました

これはなぜBentleyが足の成功前に躊躇したのですか?この問題をうまく解決できますか?また、ウィリアムは青い屋根の家を見つけました

ウィリアムは兄の手がかりに集中して、無事に家を見つけたと言いました

この場合、ウィリアムは彼にケーキをあげました

他のプレゼントをもらいました

暖かい団地の心を感じました

1人1人の出前に初挑戦したWilbenzusの可愛さはどれぐらいか?美味しいものを伝える子供たちと村の老人たちの暗黙の了解がどのように癒してくれるのか?確認できる『スーパーマン帰りました』第348話は20日日曜日午後9時15分から放送されます

新入社員news [email protected]ⓒ<ahref=>https://tensia.hankyung.com/天亜</a>、武断戦財及び栽培禁止地