「肺がんの病死」金哲民「駆除剤の効果がなく、服用が中断され、決してがんと争われない」
芸能ニュース· 1ヶ月前

「肺がんの病死」金哲民「駆除剤の効果がなく、服用が中断され、決してがんと争われない」

「肺がんの病死」金哲民「駆除剤の効果がなく、服用が中断され、決してがんと争われない」 「肺がんの病死」金哲民「駆除剤の効果がなく、服用が中断され、決してがんと争われない」 「肺がんの病死」金哲民「駆除剤の効果がなく、服用が中断され、決してがんと争われない」

18日午後に放送されたSBS「8ニュース」は、「News Tory」番組を通じて、虫よけ剤を飲まない理由を伝えました

金哲民は最近、がんのため頚椎に転移して大手術を受け、現在は体調が悪化しています

8月12日に人工骨を入れる手術を受けました

続けて、「午前中はアルベンダゾールを食べました

午後はビンダゾールを食べました

週に5回食べました

3日間食べて、4日間休みましたが、欲が出ました

だから、にがりも高いし、またこんなに悪いです

」彼はまた、「痛みの減少は否定しません

しかし、3ヶ月後には癌は半分以上消えてしまうはずですが、停止や増加が続いています

6ヶ月後には『あ、虫よけ剤は効果がないので、いらない』と分かりました

」肺がんと闘っている金哲民さんは以前、動物用の虫よけ剤を服用していると話していましたが、金哲民だけでなく、多くのがん患者が命の藁を握った気持ちで虫よけ剤を飲んでいます

韓国がん患者権益協会の金成柱代表は「政府がかつらをかぶるのが正しいのか、それとも明確な根拠がないのか、患者の熱意は冷めない」と話しています

金哲民は最終的に虫よけ剤の服用を中断したが、希望を失ったわけではない

ネットユーザーたちは「頑張ってください」「頑張ってあげます」「必ず勝ちます」などと、金哲民が早く回復することを望んでいます

【写真=SBSスクリーンショット】(郭明洞記者[email protected])