「私は一人で暮らしています。」パク・ナレX李詩言、幻想的なティキタカ→家線成功
芸能ニュース· 1ヶ月前

「私は一人で暮らしています。」パク・ナレX李詩言、幻想的なティキタカ→家線成功

「私は一人で暮らしています。」パク・ナレX李詩言、幻想的なティキタカ→家線成功

お笑いの女芸人パク・ナレさんは成功的に家のラインに登りました

金曜日の夜は楽しい笑顔でいっぱいです

18日に放送されたMBC『私は一人暮らしをしています

』で、パク・ナレは入社同期の李時言とともに「ショートヘア」に挑戦し、笑顔と笑顔をそろえて、見事なハッピーエンドを見せた

二年前、LAで家路を完走できなかったパク・ナレは、その時の失敗を挽回するために河東を見つけました

特に一人だと思っていたパク・ナレのそばで、「私は一人暮らしをしています

」ホームラインに乗る前に、レストランに来たパク・ナレはいつもと違って、自分の額の現実の前で居ても立ってもいられなくて、不安だった

複雑な気持ちを隠しきれませんでした

家の路線に乗りたいですが、食欲がないパクナさんは蟹味噌を食べなければならないと言っています

美味しいだけでなく、お椀でスープを作って視聴者を面白くさせました

パク・ナレと李詩言はアジア最長と120 km/hの下降速度を確認した後、互いに言い争い、幻想的なティキタカを表現しました

小さな勝負欲を持つ人が最後に成功を提案した人が「ショートカット」を行い、激しい勝負に緊張感を高めました

一方、パク・ナレは家線に乗る車の中で、陽気なダンスに対して、都心の心を隠せない

結果として、パク・ナレは「一緒に手をつないで走ってもいいですか?」と李詩に言いました

最初は困難だったが、紆余曲折を経て家路に成功したパク・ナレさんは「知らないことに対して怖いです

できないので、辛いものを少し壊して前に進んでください

」暖かいパーフェクトハッピーエンドに加え、金曜日の夜には楽しい笑顔をもたらしました

東亜ネットの塩娜白記者nayamy [email protected] donga.com