グルテンフリーの本当の効果とは?身体にいいって本当なの?
自分好み· 1ヶ月前

グルテンフリーの本当の効果とは?身体にいいって本当なの?

グルテンフリーの本当の効果とは?身体にいいって本当なの? グルテンフリーの本当の効果とは?身体にいいって本当なの? グルテンフリーの本当の効果とは?身体にいいって本当なの? グルテンフリーの本当の効果とは?身体にいいって本当なの?

グルテンフリーのグルテンとは、小麦粉に含まれているたんぱく質のことだ。小麦粉は、パンやパスタなどさまざまな食品の原材料として使用され、いろいろな形に変化している。それは、小麦粉に水を加えて捏ねる作業を行うことで、小麦粉に含まれているグルテニンとグリアジンという2つの物質が結びつき、弾力と粘りのある生地ができあがるのだ。この2つの性質は互いの足りない部分をうまく補い合うので、それにより小麦粉を使った食品の特徴でもある弾力があるのに伸びる生地は、さまざまな形へ加工されていくのだ。

グルテンフリーとは、小麦粉のもつグルテンを使った食品を食べない食生活のことだ。しかし小麦粉に含まれるグルテンはさまざまな食品に使われており、パンやラーメン、うどん、パスタなど私たちの食生活には欠かせない食品になっていることが多い。さらにこのグルテンは調味料や添加物にも使われていることが多いので、気が付かないうちにグルテンを身体に取り込んでいることも多い。最近では、食品のパッケージにグルテンフリーと記載されている物も販売しているので、グルテンフリーを生活に取り入れている人は、それを参考にスーパーなどで食品を選ぶのもおすすめだ。

では、グルテンフリーの食品とは、どのようなものがあるのか紹介しよう。まず米はグルテンを含んでいないので、グルテンフリーを食生活に取り入れたい場合にはぜひ活用してもらいたい食品だ。グルテンフリーを行っている人が、パンや麺類などのグルテンを含む食品を食べたい場合は、小麦粉の代わりに米粉を使ったパンやビーフン、フォーなど米を原料とした食品を取り入れるのもおすすめだ。グルテンフリーの食事の場合は、米をうまく活用した食品を使うのがピッタリなのだ。さらに蕎麦もそば粉を使用しており、うどんと違い小麦粉を使っていないので、グルテンフリー食品に含まれる。その際はそば粉を100%使用している十割蕎麦を選ぼう。

グルテンフリーが、ダイエット効果があるといわれるきっかけになったのが、有名スポーツ選手や有名モデルなどが体質改善のためにグルテンフリーを実践したと公表したからだ。しかしグルテンフリーを健康な人が行うことで、ビタミン類やミネラル、食物繊維などが不足してしまい、健康被害をもたらしてしまうこともあるので、注意したい。さらにグルテンフリーをダイエットに取り入れたことによる減量効果は、科学的には証明されていないことを理解したうえで、グルテンフリーダイエットをするか検討してみてもらいたい。

グルテンフリーが向いている人は、小麦粉アレルギーをもつ人だ。グルテンフリーとは、小麦粉を使用していない食品のことなので、小麦粉がもつ物質をアレルゲンとしている人が、安心して食べられる食品であることが多いのだ。グルテンフリーの食品は、小麦粉を使用せずに米などの代用品をうまく活用して、パンや麺類などを作りあげていることが多いので、小麦粉アレルギーの人でもさまざまな食事を楽しむことができるようになるのだ。

遺伝的な要因から発生することがあるセリアック病には、グルテンフリーの食品がよいとされている。セリアック病の患者は、グルテンを摂取すると、自己免疫機能がグルテンに対して異常反応を起こしてしまい、小腸などの組織を刺激し、腹痛や下痢、倦怠感などの症状を発生させる病気だ。この病気を引き起こさないためにグルテンフリーをセリアック病患者の食事として取り入れることで、症状の改善に繋がるといわれている。

グルテンフリーは健康な人がダイエットなどに取り入れる食事ではなく、小麦粉のもつグルテンによって、さまざまな症状を引き起こす可能性のある人に適した食事法である。健康な人がグルテンフリーの食事にすることで、栄養バランスを崩したり身体に支障をきたすことがあるので、デメリットも理解したうえで、グルテンフリーを取り入れるか判断してみてもらいたい。