K 2金成面「投資先から希望される被害者」の立場
芸能ニュース· 2ヶ月前

K 2金成面「投資先から希望される被害者」の立場

K 2金成面「投資先から希望される被害者」の立場

一方、28日には「2016年に知人を紹介したB氏から3年ぶりに連絡があり、金成勉氏は「周辺に投資家が多いので、紹介してもいい」と話した

金成面氏は昨年8月、投資家のA氏から3000万ウォンのアルバム制作費を得た後、起訴されたが返済されなかったという

金成面によると、金成面とA・B氏は金成面のシングル投資とマーケティング契約を結び、A氏はMV制作費とマスコミの悲鳴で3000万ウォンを投資し、B氏はテレビ番組、演出、広告などのマーケティングやメディア、Showcaseなどの宣伝総監督を務めている

また、金成面氏とA・B氏は音源収益、出演費、広告収益を担当している

これは整理率配分の条件で、投資金は全部Bの口座に支払いました

金成面側は「金成面は起訴されたA某投資家のB氏の希望の被害者です

A氏は金成面がB氏に望まれていることを知っていますが、罪のない金成面とB氏を共犯して起訴しました」と述べ、「3000万ウォンの投資金は金成面ではなく、B氏が支払ったものです

B社はマーケティング活動を真剣に実行していません

音源収益金は音源の発行から契約内容によって直接A社に支払われました

続いて「A氏が確認した結果、A氏は収益金をB氏に委任していませんでした

A氏の投資金のうち約2800万ウォンはMV制作とメディア宣伝の費用に使うべきです

その後、確認した結果、B氏はできない金額だけを使いました

」金振石器者[email protected]