「12歳の時、姉に勧められました。もう少しで売春婦に売られるところでした。」マリア・キャリー家族史が告白しました。
芸能ニュース· 2ヶ月前

「12歳の時、姉に勧められました。もう少しで売春婦に売られるところでした。」マリア・キャリー家族史が告白しました。

「12歳の時、姉に勧められました。もう少しで売春婦に売られるところでした。」マリア・キャリー家族史が告白しました。

「アジア経済の金サージ記者」という米国の人気スターマリア・ケリーの自伝「The Meaningoff Mariah Caney」を通じて、不幸な家庭史を吐露しました

彼は24日(韓国時間)、アップルのインターネット動画サービス(OTT)「アップルTV+」の番組「Ofの会話」のインタビューで、「ATM機として使われていますが、存在価値がないと思い、関係の虜になりました」と話しています

ケリーさんは1970年に米国ニューヨークでベネズエラ系の黒人の父、アグレットさんとアイルランド系の白人の母、パトリサさんと生まれました

二人はアリソンさん、モルガンさん、キャリーさんの3人の兄弟を生んでから、キャリーさんの家で暮らしています

この日のインタビューで、Harryは「肌の色が明るいので、離婚した両親の中で白人の母親と一緒に暮らしているという理由で、姉と兄に嫉妬している」と語った

ケリーさんは「彼らは黒人の父親です

白人の母親と一緒に暮らした経験が大きくなり、母と一緒に暮らしやすいと思うかもしれませんが、実はそうではありません

明るい肌の色に嫉妬しています

肌の色が明るくて、生活が便利だと思います

全部しかしケリーの肌の色は逆に子供の頃のケリーに試練を与えました

彼は白人の友達の中で明らかに人種差別を受けました

ケリーは「ある時、女の子たちはカニと遊ぶために、静かなところに連れて行って、誰もいないところに閉じ込めて、『黒鬼』と叫んで、彼女を嘲笑した」と吐露しました

幼い頃から歌手になることを夢見ていたケリーは、1987年に高校を卒業した後、マンハッタンのコート保管室で働き始め、その後はブランダKスターの補助歌手となり、ソニー音楽議会会長のトミートラとしてデビューすることになりました

ケリーさんは「家族は私の人気に頼り、お金をたくさん稼ぐことを要求しています

成功した人は周りの人の目標になりやすいです

私は『足のATM』と見なされていないなら、治療を受けなくてもいいです」と話しています

ケリーはこの日、自叙伝で家族に自分の恩尚処を具体的に告白した

ケリーは「12歳の時に姉に家庭用の経済安定剤を食べさせました

コカインのピンクのネイルをいっぱい入れて、彼女に3つの桃の花の像を着せました

福州に売って売春をしたいです

」彼はまた、「美しい経験をしたことは一度もありませんでした

存在の価値も考えられませんでした」と話し、「でも、二人の子供を育てて、心の治療を受けました

この本を書いています

カタールと多くの自由を感じました

」金瑟祺実習記者[email protected]<経済の目を見て、世界の滄亜経済武田栽培禁止地>