【正式立場】K 2金成面側は「金成面は投資者の希望の被害者」と反論しています。
芸能ニュース· 2ヶ月前

【正式立場】K 2金成面側は「金成面は投資者の希望の被害者」と反論しています。

【正式立場】K 2金成面側は「金成面は投資者の希望の被害者」と反論しています。

昨年8月に投資家のA氏から3000万ウォンのアルバム制作費を受け取った後、返済していない疑いのあるマークが起訴されたあるメディアは28日、金成面側が公式声明を発表し、反論した

まず、金成面側は「2016年に知人を通じて知り合いを紹介したB氏が3年ぶりに金成面に連絡し、『周辺に多くの投資家がいるので、紹介してもいい』と言っています」と話しています

K 2金成面によると、金成面とA某氏、B氏は金成面のシングルアルバム投資とマーケティング契約を締結し、A氏はMV制作費とメディア宣伝の悲鳴で3000万ウォンを投資し、B氏はテレビ番組、演出、広告などのマーケティングやメディア、Showcaseなどの宣伝総監督を担当した

広告収益は金成面とA某氏、B氏が一定割合で分配する条件で、投資金は全部B氏の口座に支払う

続いて「シングルアルバム『雄叫び』をリリースし、記者会見を行い、契約による収益金をB氏に支払い、B氏はA氏の収益金に任命された」と説明し、「その後6月にA氏が投資金をだまし取られ、金成面氏とB氏を起訴した」と説明した

金成面側は「金成面は起訴されたA氏の出資者B氏の希望の被害者だ」と主張し、「A氏は金成面氏がB氏の希望の事実を知っていますが、無辜の金成面をB氏と共犯して起訴します」と主張しています

また、「3000万ウォンを投資するのは金成面ではなくB氏が支払うもので、B氏はマーケティング活動を実行していない」とし、「音源収益金は音源発行日から契約内容に基づき、音源会社が直接A氏に支払う」としている

金成面は「A氏に確認した結果、A氏は収益金をB氏に委任していないことが判明した」とし、「A氏の投資金のうち約2800万ウォンはMV制作やマスコミ宣伝費に使われるべきだが、その後確認された結果、B氏はできない金額しか使われていない」と述べた

最後に、「金聖面は収益禁止級の義務をすべて履行したが、投資金を管理し、マーケティングやマスコミ宣伝などを担当するB氏は用途に応じて投資金をきちんと支出しておらず、マーケティング活動を真剣に実行していない

収益金の受領もA氏から委任されましたが、希望の海戦月に達していませんでした

B氏は連絡先を変えました

3ヶ月以内に警察の調査を受けていませんでした

また、K 2金成面は昨年10月にシングル「叫び」を発表し、座談会などを行った

[email protected] 1.krニュース1韓国https://wwww.news 1.krnews 1.kr</a>)を無断で転載し、栽培禁止紙