【正式立場】「詐欺容疑起訴」K 2金成面「私も被害者です」
芸能ニュース· 2ヶ月前

【正式立場】「詐欺容疑起訴」K 2金成面「私も被害者です」

【正式立場】「詐欺容疑起訴」K 2金成面「私も被害者です」

【東亜網】歌手のK 2金成面さんが引っ越し容疑で起訴されたという報道で立場を明らかにしました

前28日の報道によると、K 2金成面李智雅は8月に投資家Aから3000万ウォンのアルバム制作費を受け取った後、返済していない疑いのあるマークが起訴された

K 2金成面は「2016年の境界を通じて知り合いのBと3年ぶりに金成面と連絡を取り、シングルアルバムの発売を準備している金成面氏は「周囲に多くの投資家がいて、紹介してくれます」と話している

続いて「2019年8月、金成面とA、Bは金成面シングル投資/マーケティング契約締結-AはMV制作費とメディア宣伝悲鳴で3000万ウォンを投資している-Bはテレビ番組、出演、広告などのマーケティング課、メディア及びShowcaseなどの宣伝総監督-音源収益と出演費、広告収益で、金成面とAである

Bは一定の割合で分配された条件-投資金は全部B口座に支払いました

また、金成面は「2019年8月にMV撮影後10月にシングル「雄叫び」をリリースし、記者会見を行った

2回の活動で相続人が約束した収益金はBに支給された

BはAの収益金の受領に任命された

その後、2020年6月にAは投資金をだまし取られ、金成勉とBを詐欺の疑いで起訴された

K 2金成面側は「金成面は起訴されたAの投資家Bが望んでいる被害者です

Aは金成面がBに望まれていることを知っていますが、無実の金成面とBを共犯者として起訴しました

3000万ウォンを投資するのは金成面ではなく、Bに支払われました

Bはマーケティング活動を実行していません

自分も被害者だと強調しています

また、「音源収益金は音源の発行日から契約内容によって直接Aに支払われます

Bは「Aの収益を受けました」と述べ、金成面は2回の活動の約束により、収益金をAとBの意志部分に基づいて全部Bに支払った(調査機関に証拠資料を提出した)が、Aに確認した結果、Aは収益金をBに渡していないことが判明した

続いて金成面は「他のAの投資金のうち約2800万ウォンはMV制作とメディア宣伝の費用に使われていますが、その後は結果Bが使われていない金額だけ確認されました」と話しています

最後に、「最終的には、金成面は約束に基づいて、収益レベルの禁止義務を履行しましたが、『聖書』8560を管理しました

」その他)収益金の受領もAから依頼されていて、伝えられませんでした

Bは連絡先を変えました

3ヶ月以内に警察の調査を受けていませんでした

<b>K 2金成面容疑について起訴された立場(/b)1.事件の概要0 209.5~6

2016年の境界を紹介して知り合ったBは、3年ぶりに金成面と連絡を取り、シングルアルバムの発売を準備している金成面さんは「周りに投資家が多いので、紹介してくれます」と話しています

金成面とA、Bは金成面シングルの投資/マーケティング契約締結-AはMV制作費とメディアの宣伝悲鳴で3000万ウォンを投資します-Bはテレビ番組、出演、広告などのマーケティング課、メディア及びShowcaseなどの宣伝総監督-音源収益と出演費、広告収益金成面とAです

Bは一定割合で割り当てられた条件で、投資金を全部B口座○209.8 MV撮影○209.10.シングルアルバム『叫び』の発売及び記者会見を行います

金成面は起訴者Aの招商Bが望む被害者です

無辜の金成面をBと共犯して起訴する

○投資300万ウォンは金成面ではなくBで支払う

○Bはマーケティング活動を正確に履行していない

○音源収益金は音源発行日から契約内容により、音源会社が直接Aに支払う

○Bは「Aの収益を受けた」と述べ、金成面が2回の活動による収益金を約束通り、AとBの意志部分を全部Bに支払う(調査機関に証拠資料を提出する)としたが、Aに確認した結果、Aは収益金をBに渡していないことが判明した

○その他Aの投資金のうち約2800万ウォンはMV制作とメディア宣伝の費用に使われるべきですが、その後確認した結果、Bはまだ使えない金額しか使われていません

○最終的には、金聖面は、密かに規定された収益禁止級の義務を履行しましたが、「聖書」8560を管理しました

)投資金、マーケティングやマスコミ宣伝などを担当しているBは用途に応じて投資金を正常に支出しておらず、マーケティング活動を実行していない都が実際に履行しました

その他)収益金の受領もAに委託されていますので、金成面には伝えられませんでした

○一方、Bは連絡先を変えましたが、3ヶ月以内に警察の調査を受けていません

東亜網宋治勲記者sch [email protected]