釜山映画祭「俳優賞」選考委員抽象美・鄭珍英
芸能ニュース· 2ヶ月前

釜山映画祭「俳優賞」選考委員抽象美・鄭珍英

釜山映画祭「俳優賞」選考委員抽象美・鄭珍英 釜山映画祭「俳優賞」選考委員抽象美・鄭珍英

第25回山国映画祭は28日、俳優の抽象美と鄭珍英が「今年の俳優賞」の審査員に選ばれた

今年の俳優賞は韓国映画の未来を創造した新鋭俳優を発掘する賞で、釜山国際映画祭「NewContents」と「韓国映画の今日-展望」の部分に招待された韓国映画で、注目すべき新人男女俳優が選ばれます

「Beaf Messa賞」の審査員はドキュメンタリー監督で、映画の歴史家でもあるニック・オーストリップ(フィリピン)と釜山映画評論家協会会長の映画評論家パク・インホ氏で、「善才賞」の審査員はインドネシア画軸-Netpackアジア映画祭の瓦族民営化学院の創始者である李パース・パン夏監督、東医科大学映画・反メディア研究所の金伊錫所長、「マリア」(2019)を通じて釜山国際映画祭など水泳の話題に招待されたサリー・パラズバイワ監督(カザフスタン)が選ばれた

徐正民記者「b」[email protected]</b>