市民暴力のRapper C Jammは「正当防衛」を主張していますが、最終的には懲役になります。
芸能ニュース· 2ヶ月前

市民暴力のRapper C Jammは「正当防衛」を主張していますが、最終的には懲役になります。

市民暴力のRapper C Jammは「正当防衛」を主張していますが、最終的には懲役になります。

ソウル特別市西部地方裁判所の刑事3人の陳在京裁判官は28日、クラブで他の客の顔(上海)を殴った疑いのあるC Jamm(本名柳成民)に懲役6ヶ月の判決を下し、執行猶予2年を言い渡し、120時間の社会奉仕を命じた

CJammさんは2018年12月にソウル特別市の竜山区のあるクラブでAさんと喧嘩しました

Bさんを殴ったと告発されました

BさんはC Jammさんに拳で殴られました

全治4週間かかりました

事件当時、C JammはB氏がまず注目され、価格解放後に暴力を振るったと主張しましたが、裁判所はそれを受け入れませんでした

裁判部は高陽型の理由を説明しました

「被告人は以前麻薬犯罪で有期懲役を言い渡されていました

被害者の服装の解禁度が低いことなどを考慮しています

」しかし、裁判部はC Jammが偶然に犯罪を阻止したとして、被害者と協議するために努力したということで、量刑のポジティブ要因と判断しました

作りました

C Jammは2013年にデビューし、2016年にMnet『ShowMe The Money 5』で準優勝したことで有名で、昨年8月に大麻吸引の疑いで懲役1年6ヶ月、執行猶予2年の判決を受けました

平素正善記者[email protected]日常生活