自分好み· 16日前

殺害された女性の手に傷、抵抗か

京都市下京区の市営住宅の一室で住人のアルバイト山村留美乃さん(24)が刺殺体で見つかった事件で、山村さんの手に抵抗した際にできる傷があることが14日、捜査関係者への取材で分かった。首や胸、背中など10カ所以上に刺し傷があることから、京都府警は犯人が強い殺意を持って執拗に襲撃したとみている。

捜査関係者によると、山村さんは発見時、Tシャツにショートパンツ姿。寝室の布団で血を流して倒れており、周辺に血だまりができていた。寝室以外の部屋でも血痕が見つかっている。

荒らされたような形跡がない室内には財布が残っており、玄関は施錠されていた。