米フォーブス「防弾少年団、ビルボールド「HOT 100」ランキングのエース製作者」

米フォーブス「防弾少年団、ビルボールド「HOT 100」ランキングのエース製作者」

米フォーブス「防弾少年団、ビルボールド「HOT 100」ランキングのエース製作者」

米国の音楽専門メディアBillboardが13日(現地時間)発表した最新ランキング(10月17日)によると、防弾少年団のバックボーカルに参加しているJason Deruloの「SavageLove」Remix版が「HOT 100」の1位を獲得し、今年9月に発売され、7週連続で首位を獲得したデジタルシングル「Dynamite」(Dynamite)がそれぞれ2位となり、防弾少年団は2曲目の「HOT 100」で1位と2曲が並んだ

「ダイナマイト」は他のランキングで上位圏をキープしています

「デジタルソング」ランキングでは7位の主演で1位を獲得しています

「メキシコ航空」が1位、「canadian Hot 100」が14位、「流行歌」が14位、「メキシコ英語インフレ」が11位、「Streming頌」が21位、「Ament Pop頌」が21位、「Ament」がCont 21位になりました

24位は「On Diman Streaming頌」、26位は「Radio Song」で自己最高記録を更新した

防弾少年団は世界200以上の国と地域のストリーミングメディアと売り上げを集計し、上位の「ビルボードグローバル」ランキングでも猛烈な勢いを維持しています

「Billboardグローバル(米国を除く)」ランキングでは、「爆薬」が2位となり、「新しい恋」が3位となり、主要ランキングを横取りした

新設ランキングを考慮しても、防弾少年団は「ビルボード世界200」ランキングで2曲以上のアーティストの貴重な肩書を獲得した

防弾少年団意気ジョンのアルバムも、主要アルバムランキング「ビルボード200」の位置をしっかりと守っている

2月発売の「MAP OVER:7」(MAP)OFTHESOUL:7)78位、2018年8月にリリースされたrepackageのアルバムLOVYOURSELFの「Answer」が150位にランクインしました

こうして、ビル・ボールドランキングでは、防弾少年団が遠慮なく呪い続け、外電が逃げた

米フォーブスは13日(現地時間)、防弾少年団のビルボールド「Hot 100」が1位と2位を同時に席巻したと発表し、「防弾少年団は以前は西洋の流行スターたちがバックして歌っていた受給者だったが、現在は立場が変わった

現在は7人のメンバーで構成されている韓国の男性バンドはBillboard「Hot 100」のエースメーカーだと称賛した

続いて、「『爆薬』は7主演中(HOT 100)、『TOP 2』の位置にありますが、防弾少年団の服装の業績能力に疑問を持つ人がいます

『Savige Ravi』の1位で彼のセンターを完全に消します

『Savige Love』防弾少年団が韓国語で歌うという点から、英語で歌う『Di-Love』です

『猟奇的な彼女』の1位よりも意味があります

フォーブスは「新しいズボンLOVE」のRemix版の発表に注目し、「防弾少年団は流行歌を作る『マイダスの手』を持っている」と絶賛した

防弾少年団は世界中のSNSをベースに、タレントの擬人ぶりが確認できる『社交50』ランキングで、170主演のうち、通算200人が絶後したという記録を作った

[著作権者(c)YTN&YTnplusの無断転載及び栽培禁止]