韓国-アセアン10カ国の歌手たちは、肥大面の一つとして「ラウンド2020」を開催します。

韓国-アセアン10カ国の歌手たちは、肥大面の一つとして「ラウンド2020」を開催します。

韓国-アセアン10カ国の歌手たちは、肥大面の一つとして「ラウンド2020」を開催します。

KBSが主催し、外交部、アセアン10カ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)とアセアン事務局が希望する「ラウンド2020」が12月6日に開催されます

今回の公演の目的は韓国とアセアン国家を万国共通言語の音楽として交流し、連絡を強化することです

特に経済分野に偏りがちな韓国とアセアン国家の協力関係を音楽に広げ、各国の若い世代の簡素化と文化交流の議長を準備して、K-POPアイドルを中心に、一方的な韓流の副作用を解消し、これらの国々間の音楽ネットワークを構築することがコアプロジェクトです

「第2ラウンド2020」は、10カ国の人数と観客が集まって各国の疑問化を共有するお祭りとして企画されていましたが、新型のコロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で、世界中の視聴者がリアルタイムでショーを見ることができるストリーミング方式で行われることになりました

公演は、Dave湖畔、蘭を含む海松昭希と2カ月目のJTBC「Super Band」優勝チームのタイピポラが初出演することが決定した

主催者側は「『ラウンド2020』は参加型のお祭りであり、芸能人と観客の間だけでなく、より親密な絆が結ばれている

リアルタイムに接続された全世界の視聴者が公演についてコメントしたり、自分の好きな芸能人を自ら営業したりするなど、国境を越えた手形の悪用コミュニケーションの異色の経験を提供する

KBS黄国燦PDプロデューサーは「昨年初めからASEAN 10カ国との音楽交流を計画していましたが、今年1月に全世界を席巻した連覇19を一緒に克服するより有意義なお祭りになりました

公演期間は6月

10月に何度も順延して、やっと12月に決定しました

制作チームは力を集中して、これまでにないお祭りを作ります

報道=張真理記者[email protected]『著作権者』