スティーブンニー、アーツロイとの専属契約…総合芸術人の歩み

スティーブンニー、アーツロイとの専属契約…総合芸術人の歩み

スティーブンニー、アーツロイとの専属契約…総合芸術人の歩み

アーツロイエンターテイメントは14日、「最近スティーブンニーと専属契約を結びました

」スティーブンニーは2005年に女性グループ「天上智喜The Grace」のメンバーで歌謡界にデビューし、「ペガサス・スティーブンニー」の修飾語をもとにダンスの実力に優れ、これまで歌謡界や放送界から愛されてきた

2012年には初のシングル「The NewBeginning」をリリースし、歌手としての一人立ちが本格的に始まりました

キャロルやジャック・キャプテンなどのミュージカル、演劇作品で活躍し、総合芸術人になる

もう一人のスティーブンニーは2016年に「仲夏の夜のくるみ割り人形」の主人公に選ばれ、LAバレエ団出身の文武竜樹の優れたバレエの実力を披露し、再びバレエ俳優としての活動を開始しました

これまでもバレエダンサーとしての価値が認められ、数々の歌謡界の経験をもとにアルバム制作に積極的に携わり、純粋な芸術分野でバレエダンサーとして自ら舞台に立ち、プロデュースも計画されています

所属事務所は「芸能界で長い間活動し、真剣に作品を積み重ねてきた

特に歌手としての活動以外に、ミュージカル、演劇、ドラマ、バレエまでは漢陽の活動で才能が認められました

幅広いスペクトルを持つ総合芸術人ですから、システム的、戦略的な人気企画力をベースに、歌手としての活動だけでなく、単なる芸術部分の女性の美点と魅力を極大化するために、全力を尽くしてサポートします

話しました

ステファニーは10月24日にバレエ「レ・ミゼラブル」の最終公演を行い、11月中旬にはバレエ「ナンティグループ課長美」の主人公に選ばれ、リハーサルを行っています

mine [email protected] i.com