「大統領の炎章」張医師の劉在哲さん「法廷のお坊さんの葬式が一番印象的だった」(「目の交流」)

「大統領の炎章」張医師の劉在哲さん「法廷のお坊さんの葬式が一番印象的だった」(「目の交流」)

「大統領の炎章」張医師の劉在哲さん「法廷のお坊さんの葬式が一番印象的だった」(「目の交流」)

27年間、テレビ局Aの新コンセプト沈黙バラエティー「アイコンタクト」で葬儀師を務めてきた大韓民国の通俗葬儀名匠、劉在哲さんが出演し、普段は回避しがちな「死」について「いつでも来られるお客様のようです」と話しています

14日に放送されるテレビ局Aの「アイコンタクト」には、「大統領の炎将」と呼ばれる張医師の劉在哲さんが対視の申請者として登場しました

彼は2006年の崔圭河前大統領から盧武鉉さん、金英三大統領までは、亡くなった元大統領の死体を湿らせました

また、金大中大統領が亡くなった際には、葬儀の名前として国葬を担当します

炎の死体をきれいに洗って、西水衣を着て、納棺するまで義和政を使って、だから葬儀場は「世界で最後の風呂屋」と呼ばれています

これまでに3000人以上の死亡があった劉在哲先生は、「一番印象的な葬式」と述べ、2010年の法廷の僧侶の葬儀で、「私は染色のために入ったのですが、歌詞をつける姿がとても心地良くて、肩を揺り動かしそうです

」無数の死を見た劉在哲先生は、「死亡は誰にとっても今日来られるお客さんだ」と言いました

あらかじめ準備をしておきましょう

「私も最後の瞬間を整理してほしいです

どうすればいいですか?」「大統領の炎章」の劉在哲先生の意義深い対視現場が10月14日日曜日夜9時20分にチャンネルAの「目の交流」で公開されます

[email protected][毎日経済]mk.co.kr武断戦財及び栽培禁止地)