「秘密の森2」PD「警察調査権問題、偏重しない」

「秘密の森2」PD「警察調査権問題、偏重しない」

「秘密の森2」PD「警察調査権問題、偏重しない」 「秘密の森2」PD「警察調査権問題、偏重しない」 「秘密の森2」PD「警察調査権問題、偏重しない」

<strong style=”display:block;overflow:hiddenposition:relative;margin:33 px 20 px 10 px 3 px;padding-left:11 px;font-weight:bold;border−left:2 pxsolid啝141414;「俳優たちの演技家たちの力…第3期に出演できたら光栄です」「/strong」(ソウル特別市=聯合ニュース)の李貞賢記者=「霧」は、倦まずに廃棄される事件の実話であり、非常に良い手段です

tvNの「ひみつの森」第2シリーズのオープニングからポスターまで登場した霧について、パク・ヒョンソク(47)PDは「テーマ意識を表現する部分なので、頑張ります」と強調した

ドラマ終了後14日に書面で会見したパク・PDは「安吉浩監督の第1期は作品性が高く評価されたので、負担が大きい

パク監督はまず、「1期の大きさと成果を知っているので、プレッシャーが大きい」と述べ、「不足していますが、1期から2期まで、よくつながっていますので、少し安心しています

本当にありがとうございました」と話した

第2シリーズは大学生の死亡事件を統括してから、東宰(イ・ジュンヒョク)検事の誘拐事件まで、様々な事件がクモの巣のように展開され、詩になりました

李秀連の独特なやり方はとても目立つです

推理ドラマはいつも持っている筋がありますが、作家はこのようにしてドラマを始めるつもりはありません

簡単な選択もありますが、「些細な平凡な事件にはどれぐらいの社会、構造的な問題が含まれていますか?」俳優たちの感情、伏線、事件の手がかり、情報の道具などが心を込めて描かれています

パク監督は「完全なストーリー構成は作家が整理したものです

第1話の16話のエンディングを構想していますので、可能です」と話しています

最終回の李昌俊ら第1シリーズの登場人物については、「霧の中から速射事件が始まり、間違えとの別れがさらに難しくなり、真実の黄の中で道士事件を解決し、去った黄時牧李昌俊(劉在明)は、英恩ショー(申恵善)などの場面を夢に見て、第二期の終わりの雰囲気の中で息が合っています」とコメントしている

第2シリーズは、検察と警察の捜査権調整をめぐる対立が描かれ、注目を集めている

朴PDは「政治的、社会的に非常に熱いジャガイモなので、処理自体に負担がある」とし、「個人的にはこのドラマに偏りがないと思っていますが、明確な人が現れています」とし、「結果ドラマは『今私たちが必要なのは不動産で、正しい道に向かっている黄時牧(曹承佑)検察官です

韓汝珍は警察監のような人が必要です

検察側は作品の「フィードバック」にイオンがあるかどうかを質問し、「制作に関する情報を提供し、検証や撮影場所の確保などを提供していますが、内容に関するフィードバックは提供されていません」と述べました

検察協議会長では、双方のセリフの量がもともと多く、パクPDは画面の切り替えを減らす方法を選択しましたが、緊張感を維持するために努力しています

クロス編集やセリフ家電の情報を展示することで海苔金をカバーすることもありますが、脚本の真実性を伝えるためには、一番効果的な人達の手伝いは俳優たちに理解してもらえます

魚も活気に満ちています

パク監督はファンの立場で残念な視聴率を残したことについても「個人的には本当に感謝しています」と語り、「第3期ができれば、私以外にも選択肢がありますが、ファンとしての提案は光栄です

作家が流れる時間の物語を加えるなら、新たな道があるでしょう」と語った

作りました

[email protected]