「Dear M」の方は「金賽綸の名前は順番に降りますか?」立場

「Dear M」の方は「金賽綸の名前は順番に降りますか?」立場

「Dear M」の方は「金賽綸の名前は順番に降りますか?」立場

【毎日スターのin金賢植記者】ドラマ『Dear M』では、俳優の金賽綸の降車問題について様々な推測が行われています

PlaylistとMonster Unionが共同制作した「Dear M」は、恩熙連帯学校を大ヒットさせた舒妍大学社区文章の主人公「M」の過程で起こる物語を探す青春ロマンス

累計クリック率5億回を超えるデジタルドラマ「恋愛PlayList」の世界観を描いた作品

来年上半期にKBS 2 TVを通じて全面解放される予定です

「恋愛ソング」の第4シリーズで延世大学応援団センターの徐智敏役を演じた金賽綸は「ディアM」でも同じ役を演じるが、出演が決まった金賽綸は13日、突然降車を宣言した

このような状況の中で、キャスティングのブランド順が矛盾しているという指摘があり、注目を集めています

業界ではポスターや字幕のブランド順について、俳優や所属会社の間で心理戦が繰り広げられています

内容は慧秀の手を挙げたもの

前の《Dear M》方面は正式な報道資料を通じて(通って)選角のニュースを告知して、主演の陣容を朴慧秀-NCTに表記して、DB-金賽綸-裴賢成の順序にあります

一方、予定通り「Dear M」に出演するパク・ヘスは、元気な経営学部2年生のヒロインの子供役で、2015年から演技活動を開始したパク・ヘスは、2009年にデビューしたキム・ソロン役より短いが、年齢はキム・セリンより6歳年上

金賢植[email protected])