プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も!
クルマ· 6日前

プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も!

プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も! プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も! プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も! プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も! プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も! プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も! プジョー308 / 308 SWの改良型登場 最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入 特別仕様車も!

Groupe PSA Japan株式会社は、10月14日(水)よりPEUGEOT(プジョー)ブランドのCセグメントハッチバック308および308 SWに最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネル導入などのバージョンアップを行い発売すると発表した。また、特別仕様車ROADTRIP(ロードトリップ)が新たに設定される。

プジョー308 / 308 SWは2015年10月の日本デビュー以来、欧州Cセグメントモデルの代表格としてプジョーブランドのイメージとセールスの両輪において中核となっている。このプジョー308 / 308 SWが、さらなる進化を遂げた。308 / 308 SWならではの運用しやすい適切なサイズ、走りの楽しさに環境性能、安全性、そしてユーティリティといった各要素の高い次元でのバランスはそのままに、プジョー i-Cockpitをさらにアップデートさせた最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネルを装備した。加えて、より精悍でシャープな印象の新デザインアロイホイールを装備するなど細部にわたり、さらに洗練された。ボディカラーには、NEW 208、NEW SUV 2008で好評を博している新色ヴァーティゴ・ブルーを追加設定している。

また、グレード体系を見直し、定評の1.5ℓクリーンターボディーゼル(DV5エンジン)のGT BlueHDiと同じく1.5ℓクリーンターボディーゼルエンジンもしくは1.2ℓターボガソリン(EB6エンジン)のAllureという2グレードに集約いる。1.2ℓターボガソリンエンジンは欧州排ガス規制EURO6.3に対応した新バージョンとなり、燃費も17.0km/ℓから18.8km/ℓ(JC08モード)、15.6km/ℓから15.9km/ℓ(WLTCモード)とへ向上している。

デジタルヘッドアップ インストルメントパネルを新たに採用

プジョーの代名詞となり、累計500万台以上の販売台数とユーザーの支持を得ているドライビングにおけるUi/UXの革新、プジョー i-Cockpitがこの308 / 308 SWでも新たに装備される。これまで指針式だったヘッドアップディスプレイのメーター表示が、デジタル表示となり、これまで以上にさまざまな情報を整理し表示することが可能に。このデジタルヘッドアップインストルメントパネルは通常のメーター表示に加え、アクティブクルーズコントロール作動時により便利なドライブモードやドライバーの好みに応じた情報の優先順位が付けられるパーソナルモードなどを備える。

なお、2.0l BlueHDiエンジンはソフトウエアのマネジメント変更により燃費を従来の17.8km/l から21.2km/l(JC08モード)に改善している。

より洗練されたインテリアのディテールと装備

全モデルテップレザー&ファブリックシートとし、GT BlueHDiのステアリング、インテリア、シートにはスポーティーなレッドステッチを施している。

全モデルに標準搭載となる定評のセーフティテクノロジー

先進運転支援機能(ADAS)と安全性に関して308 / 308 SWは基本機能は全グレードに標準搭載されており、オプション等で追加する必要がないことも特筆すべき点だ。

前方の自動車、障害物などを検知し、ドライバーが回避操作を行わない場合に自動的にブレーキを作動させる機能だ。作動範囲は約5〜140km/hとなっており、約80km/h以下では停止車両を、約60km/h以下では歩行者も検知して追突事故などの危険を回避、あるいは衝突の被害を軽減する。

前方車輌の速度の距離を検知し、車間距離を一定に保つアクティブクルーズコントロール。アクセル、ブレーキ、エンジンブレーキ の自動制御によって、設定された車間距離を保ち、前方車両が停止した場合には車間距離を保ちながら自動停車する。このシステムは約30〜180km/hの速度域で作動する。

車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力を生じさせ、元の車線へと戻す。

約5〜140km/h の走行時に、フロントレーダーにより、前方車輌との距離を検知。接近しすぎている場合にはリスクに 応じて、警告灯と警告音で、ドライバーに注意をうながす。

バックする際に車輌後方の状況をタッチスクリーンに投影する。またステアリング操作による距離や車輌の進行方向の表示、および俯瞰映像により精度の高い表示を提供する。また後部近接ソナーおよびフロントソナーを備えている。

誰もが安全に坂道発進ができるためのアシスト機能だ。3% 以上の勾配がある坂道でブレーキペダルから足を離した 後も約2秒間制動力が維持されるため、急な坂道でも安全にスタートすることができる。

サンセットオレンジの差し色も鮮やかな装備充実の特別仕様車ROADTRIPを新設定

これまでも人気を博してきたTECK PACK EDITIONやCROSSCITYに替わるプジョーの新しい特別仕様ROADTRIP(ロードトリップ)だ。Allureをベースにドライブをサポートする装備やサンセットオレンジのカラーステッチが鮮やかなハイクオリティかつユニークなデザインのインテリア&シート、オリジナルエンブレムなどが特徴のバリューの高い仕様となっている。

・専用アルカンタラ&TEP レザーシート

鮮やかなサンセットオレンジ&グレーステッチが特徴的で、シート表面のデザインも新タイプとなります。ステッチはドア トリム、ステアリング、フロアマットなどにも施されます。

ROADTRIP エンブレム(フロントシート、フロントフェンダー、フロアマット)

・アクティブブラインドスポットモニターシステム

・パークアシスト

・アロイペダル&フロントステップガード

・オリジナルフロアマット・パノラミックガラスルーフ(SW にオプション)

ボディカラーは6色!

価格はハッチバックが296万7000円から、ステーションワゴンが343万3000円からとなる。

なお、今回のバージョンアップにともない、308 GTi by PEUGEOT SPORT、2.0ℓクリーンディーゼル(DW10)搭載のGT BlueHDiおよびGT Lineグレードは終売となる。

ホットハッチであるGTi by PEUGEOT SPORTが終売となるのは残念だが、プジョーの最新装備を身につけた308、楽しみな1台だ。