日本の、先進国たる所以はどこにあるのか=中国メディア
自分好み· 13日前

日本の、先進国たる所以はどこにあるのか=中国メディア

日本の、先進国たる所以はどこにあるのか=中国メディア

中国メディア・東方網は10日、「どうして日本は先進国と言われるのか」とする記事が掲載された。

記事は、日本が特殊な地理的環境にあることなどから資源が非常に限られており、その多くを輸入に依存していると紹介。一方で、このような状況にもかかわらずかつては世界第2位、現在もなお世界第3位の経済規模を保っているとし、日本の強さが垣間見える点をいくつか取り上げて説明している。

まずは、先進的な科学技術に強みを持っている点を挙げた。日本は1950年代より米国をはじめとする西洋諸国の進んだ技術、管理経験を学んで吸収し、そこから新しい技術を次々と生み出してきたとし、今や各分野において数多の先進技術を持っており、廉価な資源から高い付加価値を持つ製品を生み出して、大きな利益を得ているのだと伝えた。

次に、ソフトパワーの強さとして、マンガやアニメの文化について言及。日本は典型的な「アニメ強国」であり、その発展モデルには鮮明な民族的特色があり、常に進取の精神や魅力が保たれていると紹介。日本経済にとってアニメは重要な産業の1つであるとともに、各種製造業やエンターテインメント産業など様々な産業にも経済効果が波及しているとした。

さらに、医療レベルの高さについても触れ、受けられる医療の水準、サービスの質、医療費負担の公平性などの指標から世界190か国あまりの医療体制について評価したランキングで、日本が世界トップを獲得したと紹介。また、がんの生存率も世界有数の高さであるほか、医療機器の水準も米国やドイツといった他の先進国と同様に高いと紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)