岡田結実のダウンタウンへの本音に芸人騒然 「パパみたいに喋ってるの?」
自分好み· 16日前

岡田結実のダウンタウンへの本音に芸人騒然 「パパみたいに喋ってるの?」

岡田結実のダウンタウンへの本音に芸人騒然 「パパみたいに喋ってるの?」

13日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)に岡田結実とお笑いコンビ・ニューヨークがゲスト出演。ダウンタウンとの絡みについて、それぞれの体験を熱弁した。

大物MCとの絡みについて、先輩であるオードリーに相談したニューヨークの2人。嶋佐和也は「僕らリアルタイムで『ごっつええ感じ』とか観ていた、最後のダウンタウン世代。松本人志の信者」とダウンタウンへの憧れを吐露し、大物MCのなかでもダウンタウンには特に緊張すると明かす。

そんな嶋佐だけに『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)の出演が決まったものの、「その日の朝に体調を崩した、大発熱。色んな気持ちがワーッてなって『明日DXだ』って思って朝起きたらもうフラッフラ」とあまりの緊張とストレスで体調を崩したと振り返った。

関連記事:ダウンタウン・松本、EXITからコンビ仲を追求され… 「熟年解散ありますよ」

大チャンスを逃したニューヨークだが、相方の屋敷裕政は「もちろん残念だったけど、俺は俺で、嶋佐が発熱した時に『助かったぁ』って」胸を撫で下ろしたと笑う。これにオードリー・若林正恭から「お前たちいい加減にしろよ」「そんなヤツ売れるわけない」とツッコミが飛んだ。

しかしながら若林にとってもダウンタウンは大きな存在。松本と共演したさいには「当然4日前ぐらいから緊張して、自分が動けなくなるのわかるから、番組の企画にしか集中しない」と心境を告白する。

「あともう『今日で俺の人生は終わり』『今日で芸能界終わり、全部終わり』って思う」と開き直らなければ共演できないと漏らした。

芸人達にとって憧れのダウンタウンだが、多くの大物MCと共演し、その懐に飛び込んできた岡田だけは少し趣が違う。

「お2人とも凄い優しい。ウマいこと言えないとき、ふつうのこと言ってもツッコんでくれる。パパとお母さんみたいな感覚、家庭の会話みたいな感じで楽しんでいる」と緊張せずにダウンタウンと親子のような関係で喋ると告白。若林らは「パパみたいに喋ってるの?」と驚愕した。

ニューヨークと岡田ではダウンタウンに対する想いが大きく異なるようだ。

視聴者も「ダウンタウンとは父親感覚で話せる異能っぷり」「ダウンタウンはパパ感覚」と岡田の発言に驚愕。嶋佐については「ダウンタウンDXの収録の朝に発熱はエグい」といった感想が寄せられていた。

・合わせて読みたい→ヒロミ、ダウンタウン・ウンナンらお笑い第3世代仲間との意外な関係を暴露

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)