オードリー若林、「楽しい番組はすぐ終わる」と語るも… 後輩から鋭い指摘が
自分好み· 16日前

オードリー若林、「楽しい番組はすぐ終わる」と語るも… 後輩から鋭い指摘が

オードリー若林、「楽しい番組はすぐ終わる」と語るも… 後輩から鋭い指摘が

13日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)でオードリー・若林正恭が「楽しい、好きな番組ほどすぐに終わる」と力説。これにゲストのニューヨーク・屋敷裕政からまさかの指摘が飛び出し、若林が口ごもってしまう展開となった。

テーマに沿ったエピソードトークがあるかを確認するために、出演芸能人にアンケートを依頼する番組も多い。ニューヨークの2人はそのアンケートが苦手で、嶋佐和也は「20個くらい書いても3つくらいしか採用されない」と悩みを打ち明ける。

屋敷もアンケートで失敗しすぎて「(自分を担当したスタッフが)出世に影響せえへんかな」と申し訳ない気持ちになると告白。『あちこちオードリー』ではアンケートがないため「いまマジ楽しい。脳みそ通さずに言葉を発している」と満喫していると明かす。

関連記事:麒麟・川島がコメンテーターを断る理由に納得 「『グッディ』が1番キツかった」

オードリーにもアンケートに悩んだ時期があったと知った嶋佐は「乗り越えて、いまは楽しいですか?」と若林に質問。若林は「楽しさで言うといま(が一番)。でも悩みの種類が違うだけ」と仕事の悩みは尽きないと語る。

以前、同番組に出演した宮下草薙・草薙航基から「オードリーさんの世代になったら悩まないで仕事できるのかと思ったら、まだ悩んでると。イヤになる」と言われたと若林は言及。「まだ悩んでんのかよ」と自分で呆れつつも、現在の悩みを吐露していく。

若林は「結局、楽しい番組ってすぐ終わる」ことが若林の悩み。だからこそ「本当に『あちこちオードリー』ができてよかったなって思うけど、すぐに終わるのよ、こういう番組って」と実情を吐露した。

ここで「楽しくて、これをやるために頑張ってきた」と主張した若林に屋敷から「楽しくない番組は続くんですか?」と素朴な疑問が。この鋭い質問には、若林は苦笑い浮かべて口ごもってしまう。

相方の春日俊彰からも「そうなってくるよね、今の話だとね」と追従された若林は、「凄い銃口を突きつけられた、発射されてるし。脅しじゃないよ、変な映画だよ、すぐ撃つんだもん」と屋敷の鋭い指摘をはぐらかした。

楽しい、好きな番組ほどすぐに終わると言及した若林。それは裏を返せば「楽しくない苦手な番組は続く」と取られかねない発言だった。

視聴者からは「ああ、あの番組のことね」「楽しくないというか重そうだなーって番組は続いてる印象」「続いてる番組…あっ」「楽しい番組すぐ終わるの視聴者的にもそうなのよ」と多くの感想が寄せられている。

また若林が楽しんでいる『あちこち』に関しては「この番組は長く続いてほしい!」と希望する声が殺到していた。

・合わせて読みたい→弘中綾香アナ、オードリー若林との関係聞かれ赤面 「イチャイチャしてる」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)