奉俊昊監督、英振委の元幹部が汚職疑惑を訴え、勝訴した。

奉俊昊監督、英振委の元幹部が汚職疑惑を訴え、勝訴した。

奉俊昊監督、英振委の元幹部が汚職疑惑を訴え、勝訴した。

「strong」裁判所は原告の敗訴を判決し、「/strong」「The Fact|李真記者」を奉俊好感度毒などの映画団体関係者がパク・ジファン前映画振興委員会(以下、英振委)事務局長に対して汚職疑惑を提起した一審で勝訴した

ソウル特別市中央地方裁判所民事29単独裁判官朴申英は14日、朴前事務局長の李峰監督ら7人に対して提起した損害賠償訴訟の判決期限中、原告の敗訴を言い渡した

これまで、韓国独立映画協会、韓国映画監督協力、韓国映画監督協力、韓国映画プロデューサー協力、韓国映画祭作家協会、全国映画産業労働組合、女性映画人パーティー、映画マーケティング協会など8つの映画団体が2016年12月、業務上の汚職の疑いで検察機関に朴前事務局長を告発し、記者会見で記者会見しました

当時は韓国映画監督グループの代表として監督から告発されました

映画団体は「今年の国政監査では、影振委の義務に反する業務推進の非使用など関連法令の事実を確認した」としており、「文体省の追及を超えて、検察に徹底的な調査を促した」としている

朴前事務局長の恩英さんは罷免されましたが、検察庁は翌年5月、朴前事務局長に対して無容疑処分を下しました

英振委員会の院長が提出した任务酵素頌さんも2018年12月に裁判所で原告の勝訴を確定しました

昨年3月、朴前事務局長は「世界的に有名な韓人物人員は朴槿恵政府の付逆者で、不正な発言をした」と述べました

安英振は韓国の映画プロデューサーグループの代表やメディアなど7人に5000万ウォンの損害賠償を求める訴訟を起こしました

著作権者tf.co.kr武断戦財及び栽培禁止地