権永燦は14日午後、anticafe経営者など10人以上の訴えを受けた。

権永燦は14日午後、anticafe経営者など10人以上の訴えを受けた。

権永燦は14日午後、anticafe経営者など10人以上の訴えを受けた。 権永燦は14日午後、anticafe経営者など10人以上の訴えを受けた。

「strong」、「保護金浩中」は自発的に、第三者がAir名誉毀損を告発して直接起訴します

「The Fact|姜一洪記者」「今日の法律敵対反応は私が避けられない選択です

攻撃と罵倒などの名誉毀損だけでなく、業務妨害もあります

これはもう放任できないということです

権永燦は同日午後1時10分ごろ、韓国芸能人自殺予防相談所のハサミを見つけた松坂警察署に訴状を提出した

訴状を受けた後、「The Fact」との通話で「anticafeの経営者と一部の正式会員は、8月からSNSに書き込みを続け、さまざまな方法で苦しめられ続け、法的対応布団を避けた」と述べた

「芸能人自殺予防協会の諮問所長として、特定の芸能人に対する悪意のある伝言やテロは容認できないので、公益の立場から告発書を提出しました」とも述べ、「このような私に対する侮辱感の誹謗中傷が名誉を傷つけ、私が講義に行く地方自治体までが誹謗電話をかけ、仕事の邪魔になった

権永燦さんは先月、ソウル特別市中央地方検察庁に通報状を提出し、15家族の金浩中さんが悪意を持ってメッセージを残し続けている「金浩中原朝喫茶店」の運営者と一部の管理者が殺人の脅威、名誉毀損、侮辱の疑いで、事件は南大門警察署刑事グループに配属されました

以前彼は「NAVER金浩中に暴露されたanticafeの証拠資料は300枚を超え、初めて3人を起訴し、追加7人は10月の第4周目に訴状を提出する」と予告しました

[email protected]著作権者tf.co.kr武断戦財及び栽培禁止地