奉俊昊勝訴…英振委事務局長は名誉毀損訴訟を却下した。

奉俊昊勝訴…英振委事務局長は名誉毀損訴訟を却下した。

奉俊昊勝訴…英振委事務局長は名誉毀損訴訟を却下した。

ソウル特別市中央地方裁判所民事29単独の朴申英裁判官は14日午前、朴前事務局長の李峰監督と高英才韓国独立映画協会理事長ら7人が提出した5000万ウォン相当の損害賠償請求訴訟で原告の請求を却下した

2016年には監督など8つの映画人団体が2016年12月、金世勲当時の影振委委員長と朴前事務局長の李韺真伪予算を流用した疑いがあるとして、業務上の汚職の疑いで検察に告発する記者会見を開き、韓国映画監督組合代表として監督を務め、告発者に記録されました

金専任院長と朴前事務局長が業務推進費の濫用などの汚職事実が2016年の国政監査で確認されたことについて、文化体育観光部は朴前事務局長に厳罰処分を求めることを明らかにしました

しかし、この事件を捜査していた一部の支柱検東部支庁は2017年6月、朴前事務局長の汚職疑惑に無関係処分を下し、朴前事務局長の恩英の真偽について、ゴムの酵素頌中で勝訴しました

その後、朴前事務局長の名誉を回復するため、昨年3月には、奉監督らに対して名誉毀損の疑いを訴え、5000万ウォン相当の損害賠償請求訴訟を起こしました

しかし、検察側は昨年末、名誉毀損容疑と誣告容疑についても容疑を示さず、不起訴処分を下した

張志敏韓経ネットゲスト記者[email protected]