「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」

「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」

「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」 「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」 「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」 「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」 「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」 「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」 「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」 「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」 「浮気が死ぬ」趙茹珍「アイスクリームのようなドラマ」

俳優の趙茹珍・高俊が主演した2020年の最も期待される作品「不倫は死ぬ」が、脚本を読みビデオやドラマを公開した

12月2日に放送予定のKBS 2 TV新水木ドラマ「風が吹いたら死ぬ」の制作チームが14日の旅を公開した

「浮気したら死ぬ」は、殺人の方法が目傷だらけの犯罪小説家の妻と、「浮気したら死ぬ」と書かれた離婚専門弁護士の夫のお笑いサスペンスで、罪を感じて悪いことをする目上の人たちの破格に衝撃的だったという

殺人罪の小説だけを執筆したベストセラー作家「姜麗珠」として、強烈なオーラを見せている俳優の趙茹珍さんは「無理に笑いを取るためではなく、状況がシナリオの中にあるので、教科書のように台本だけを信じています

趙茹珍は李聖旻作家に深い信頼を示しました

趙茹珍は「不倫したら死ぬ」というアイスクリームを揚げました

同じドラマなので、差別化の反転味が公開されました

趙茹珍と高俊は脚本とビデオを読んで一緒に公開した未公開のドラマの中で「カップルの親指」というポーズを取って、甘い殺気の一部が完璧な「Killing化学反応」を予告しました

2020年のドラマ界の明日の星として注目されている金英大と煙雨は、「風が吹いたら死ぬ」という高視聴率に貢献するという確固たる抱負を示しており、脚本を読んだ感想を伝える金英大はドラマに多くの力を入れているようで、「風が吹いたら死ぬ」と現場に活力を注いでいる

以前、血痕の李善明、韓宇成(高俊)が参加した「身体保証書を放棄する」という初の予告ポスターが12月2日に放送され、ネット上で話題になっている「浮気をしたら死ぬ」というテーマは、監督・脚本・俳優の三ショットによる強力エネルギーコメディーで、神秘的である

スリルの味を出すために、2 0 2 0年のドラマの視聴率狩りを予告しました

「脱線したら死ぬ」は、「順藤の上の温糖神」や「黄金私の人生」などを手がけた金亨錫PDと、無線テレビの第1期で視聴者に愛された「推理の女王」の李聖旻作家が手がけた作品で、現在放送中の「高慢女」は12月2日から放送される

<写真提供>「浮気したら死ぬ」東亜サイトの全孝珍記者[email protected]